朝、子供が起きられない症状と対策について

Home > 身体全体の症状 > 朝おきられない

朝に子供が起きられないのは何か病気か

「早く起きなさい、遅刻してもいいのっ」 目覚ましをセットしても起きられず、親が布団を揺すってなんとか目を開けるも、またすぐ眠ってしまう。子供のいる家庭にありがちな、朝の風景です。やっと起きたかと思えば、時間はギリギリ。朝食を食べるヒマもなく、飛び出していく。

夜、早めに就寝すれば、きちんと起きられるのですが、寝るのが遅ければ朝に響きます。勉強やゲームほか、SNSの低年齢にまで広がってます。そのため、夜更かしが常態化してしまって、毎朝のように起きるのが困難な子供は年々増加しているようです。

■ 子供の夜更かしがおおくなった……

子供の、夜更かしや遅刻に関するアンケートがあります。それによると、小学4年生くらいでも、6割強が「時々」や「しょっちゅう」という高い頻度で夜更かし、夜遅くまで起きていることがわかってます。夜更かしゼロのよい子は、1割程度しかいません。年令の上昇とともにその傾向は高くなっていき、中学になると8割、高校生となれば9割近くまで上昇します。高校生では、じつに半数弱の人が「夜、遅くまで起きている」と答えてます。

遅い時間まで寝ないとすれば、翌朝の目覚めが悪いのは当然です。学校に間に合うための時間は固定されているので、睡眠時間が足りなくなります。目覚まし時計をセットしたり、保護者に起こしてもらっても、睡魔には勝てません。起床の時間が遅れれば学校に遅刻してしまうのです。学校の始業時間はいつもどおりですから。

Q:「寝坊で学校に遅刻したことがあるか」
A:「よくある(小学4年生の1.8%)」 

余談ですが・・・
別の、睡眠時間に関するアンケート結果も存在します。これによれば「夜更かし時間は昔より改善されている」という結果がでているのです。それならば睡眠時間が足りていそうですが、そういうことはなくて、相変わらず遅刻のほうは増加傾向。これはいったいどういうことでしょうか。
意味を探ってみると、どうやら「夜更かししてる」という質問の仕方が悪かったようです。概念が、後ろに後退していたことによる錯覚ですね。どういうことかというと、昔の概念では夜9時以降が夜更かし時間でした。私が小学校に通っていたころは夜8時以降は大人の時間。「太陽に吼えろ」は大人のドラマだったのです。ところが現在は9時でも早い時間という扱い。夜更かし時間は10時以降である・・・という感覚です。
家族や当人が遅い時間におきてるというのが「夜更かし」。夜9時を夜更かしとする人、10時を夜更かしとする人とでは、そもそもの基礎意識が違ってます。個人差をなくすためには、「何時までおきてる?」という質問のアンケートにするべきでしょうね。

さて、寝ないから起きられないというケースであれば答えはカンタン、睡眠不足を解消できれば健全なペースに戻れます。実行するのはその人ですが、寝れば治るのですから結果は本人の心がけにゆだねられているわけです。 いっぽう、身体の不調によって起きられない子供が増えている事実もあります。「起立性調節障害」という障害をご存知でしょうか。身体にダルさやイライラがおこって、立ちくらみは発作がおこる障害です。朝起きられないことも、症状のひとつです。

 起立性調節障害

小学校の高学年から中学生くらいの「思春期前後」の子どもに多く、原因がはっきりないまま、小児科を繰り返し受診することがあります。朝起きの悪さや、たちくらみ、頭痛、腹痛、全身倦怠などの身体不調をおこすのです。起立性調節障害を患った人には、以下のような症状がみられます。

 朝に起きられない
 立ちくらみがある
 全身に倦怠感
 食欲不振
 立っていると気分が悪くなる
 失神や発作がある
 動悸がおこる
 頭痛がする
 夜なかなか寝つけない
 イライラ感がある
 集中力の低下

起立性調節障害は、思春期で起こりやすい疾患の一つです。その頻度は約5〜10%といいますから、存外に多い病気なのです。

起立性調節障害は、一種の体調不良です。ウィルスや何らかの病巣があるわけではありません。上記のような不調があったとき、一般的な診察や血液検査でとくに異常がみつからないときに下される診断が「起立性調節障害」です。英語の病名である、Orthostatic Dysregulation から、「QD」と呼ばれることがあります。最近、とくに注目されている障害です。

・特徴と検査
「起立性調節障害」の子どもは、朝起きが悪いという特徴があります。朝はまず、なかなか起きられません。一日中ごろごろしてから、夕方になって元気になり、逆に夜には寝付けません。このようなペースの生活なので、学校を欠席したり引きこもりがちになります。

小児科医が、こうした子どもたちに関心を寄せるようになったのは1960年代のこと。その後、患者数の増加は問題視されながら、科学的な検査値として確かめる方法は不十分でした。

90年代になってから、ようやく起立直後の数秒間の血圧を測定する検査機器が開発されました。目まいや立ちくらみを起こしているとき、または、疲労感の身体機能の異変なども、客観的に評価することができるようになってきます。一人ひとりの子どもに合った診断と治療が可能になるまで、月日を要した病気といえます。

起立性調節障害の見分け方

起きられない子供の意思には、こういうものがあります

「起きようと思っても身体を起こすことができない」
「目は醒めるけど身体がだるくて動かない」
「無理矢理起こされたことを覚えていないほど眠気が強い」

ここまで酷い場合は、起立性調節障害の可能性のほかにも「睡眠障害」を患っていることも考えられます。 朝に起きられない子供は「身体の病気」か「さぼり」。2択しか判定がないのは、あまりに性急にすぎるということです。「起きられない」こと意外に、いつもとは明らかに様子が異なっているならば、病気かどうかを包括的に判断するべきでしょう。

子供が起きられない症状はいくつもあります。以下を参考にして、「起立性調節障害」であるかどうか判断の目安にしてみてはいかがでしょうか。

・立ちくらみ
 急に立ち上がったときに目の前が暗くなったり、白くかすんだりします。立ちくらみをおこす直接の原因は、瞬間的な血行不良です。午前中に強い傾向がありますが、風呂から上がるときにも起こりやすい。

・全身倦怠感
 身体が重たくてだるい感覚です。これも午前中に強くて、午後には程度が軽くなります。夜にはほとんど感じなくなるので、回復した気分があります。しかし翌朝になれば再びだるさが襲ってきます。  

・食欲不振
 午前中に食欲がなくなります。朝起きた後にはとくに気分が悪くあり、食べることができません。

・立っていると気分が悪くなる
 起立状態で何か作業をしたり通学など電車中で立っているなどに、気分が悪くなり立っていられなくなったり、倒れそうになります。最悪、失神すらおこすことがあります。気分が悪くなっているときは、冷や汗が出たり動悸を伴ったりすることもあります。

・失神発作
 気を失って倒れてしまう症状です。失神のまえに前兆がある場合と無い場合とがあります。前兆の例としては、目がちかちかしたり、目の前が見えにくくなったり、気分不良、冷や汗、動悸などです。この失神は人によって、くり返すこともあります。

・動悸
 胸がドキドキして心臓の拍動が速くなります。午前中に起こりやすくて、立ち上がったときや階段を上ったりする際に多くみられます。

「起立性調節障害」の頭痛と頭痛

 起立性調節障害を持った子どもの頭痛は複雑となります。起立性調節障害そのものも、頭痛をもたらすのですが、ほかにも片頭痛、緊張性頭痛も起こしやすくなります。三つが混在している場合もあって、頭痛の原因を知ろうにも見分けが難しく原因究明をまずます困難にしてしまってます。

 ただし発生パターンが違っているところから、頭痛の種類を区別することは可能です。

 起立性調節障害の症状がもっとも強くでるのは朝です。付随する頭痛についても朝に多く、起き上がったところに出現して午前中に多くおこります。午後を迎える頃には症状が軽くて楽になります。痛みの性質や状態は片頭痛のようにズキズキすることもあるし、頭が重く感じることもあります。

 「片頭痛」は、午前や午後の時間に関係なく発症します。症状は、脳に心臓があるかのような直接的ズキズキです。目がチカチカして吐き気や嘔吐をともなうこともあります。すぐに治ればいいのですが、1〜3日持続することもあります。  「緊張性頭痛」は、精神の緊張や僧帽筋頸部筋の緊張をともなうもので、肩こりが強く頭を締め付けられるような痛みが多くなります。とはいえ、タイプは個人マチマチで、人によっては処方薬も違ってきます。

夜の寝つきがわるい

 起立性調節障害にある人は、夕方から夜になると気分がよくなり、夜には目がさえて寝つけなくなります。布団に入ってもいつまでも眠くならないのです。

 身体を休めるはたらきをする「副交感神経」は、夜に活動が増えて、朝には活動低下するという日内リズムをもってます。ところが起立性調節障害の人は、夜に活動が増えないために、眠けがおこりません。家族みんなは就寝中なので、離す相手はおらず退屈になります。ついテレビを観たり、ゲームをやってしまいまうことになります。病気が出発点にあるのは間違いないのですが、保護者を含む周囲からすると、「夜更かしするから朝寝坊する」「こいつ怠け者」という印象につながってしまいます。

 誤解が誤解を生んで、取り返しのつかないケースになることもあり、注意が必要です。

イライラ感と集中力低下

 起立性調節障害になると、午前中、ほとんどといってもよいほど頭がまわらなくなります。授業に身が入るはずもなく、思考力の低下し考えがまとまらずにイライラします。午後には、ある程度の思考力は回復しますが、授業の大半は午前中。勉強は遅れるし宿題がたまるしで、悪循環になるのです。イライラ感は消え去りません。

受診は小児科で

 子供を病院へつれていくなら、精神科や心療内科よりも、小児科がお勧めです。小児科医は、たくさんの子供の体調をみてるので、起立性調節障害についての知識と経験が豊富な人が多いといわれています。事実、起立性調節障害の書籍を執筆している医師のほとんどは、小児科医です。
 中学生や高校生でっても、小児科がよいですね。恥ずかしいでしょうが、確実性が増します。受診する時間帯は、症状があらわれている「午前中」が理想です。

大人の場合は、心療内科や循環器科。 気になる症状をすべて伝えてから「起立性調節障害ではないでしょうか?」と訊ねてみましょう。

■ 障害を治すにはどうすれば

起立性調節障害の症状は大人になると治ることが多いとされてます。軽いODは思春期の発達段階に特有の生理的反応であって、病的なものではないとも考えられています。

男女比でみると小中高を通して女子に多く、男女とも年を追うごとに微増の傾向がみられます。 子供に多いからと言って、大人がかからないわけではありません。

起立性調節障害の治療は、病気の理解が欠かせません。「サボる」「なまけ」などの心の問題ではなく、レッキとした体の不調が原因であることを、患者と家族が認識することが大切なのです。焦らずにじっくり取り組むべきで、患者が前向きに治療できるよう、周囲の人は穏やかに見守ってあげるのが大事です。

治療はまず、薬物を使わない、自分でできる治療(セルフケア)をおこないます。日常的に次のことに注意しながら生活し、まず症状をやわらげていきます。

 起床と就寝の時間を3日ごとに30分ずつ早める
 1日約1.5〜2リットルの水分を摂取する
 1日約10〜12グラムの塩分を摂取する
 いきなり立ち上がらない
 立ち上がるときは、30秒以上足踏みをしてからゆっくり立つ
 歩くときは、はじめに頭を前にかがめる姿勢をとる
 温度の高い場所で過ごさない
 体調が悪くても、なるべく横にならない
 夕方など体に負担がない程度に軽い散歩をする
 体調がよい午後は、できるだけ登校、出勤して活動を心がける
 むくみ防止用の靴下をはく
 夜9時以降のテレビ、ゲーム、スマホは控える

なにごとも急激にやらないことです。赤ちゃんがハイハイを覚えるように、徐々に身体を慣らしていきます。これによって、3年後には、約70〜80%回復すると言われます。

カラダの悩みや症状

サイドメニュー

  1. Home
  2. ● 頭・顔の症状
  3. 頭痛
  4. 顔色が黒い
  5. 鼻血
  6. めまい
  7. 脳血栓の前触れ
  8. 頭がかゆい
  9. 頭のかさぶた
  10. 毛が抜ける
  11. 髪が抜ける病気
  12. 喉が渇く症状
  13. 喉の違和感
  14. 喉が腫れる
  15. 目のアレルギー
  16. 目の痛み
  17. PC・スマホの害
  18. スマホで失明
  19. 難聴の原因と対策
  20. 耳が詰まった感じ
  21. あごの痛み
  22. 首が痛い
  23. ● 胸・お腹の症状
  24. 息苦しい
  25. 呼吸が苦しい
  26. 吐き気
  27. 吐き気と頭痛・めまい
  28. 胸の痛み
  29. 狭心症
  30. 吐血と喀血
  31. 腹痛
  32. お腹が張る
  33. 動悸の症状
  34. 背中が痛い
  35. 下腹部の痛み
  36. 腰痛について
  37. 左右横腹が痛い
  38. 胃痛と吐き気
  39. ● 身体全体の症状
  40. あくび
  41. てんかん
  42. だるい
  43. むくみ
  44. 貧血の原因と症状
  45. たちくらみの症状と対策
  46. 朝おきられない
  47. 痩せる
  48. 体重減少
  49. 太り過ぎの病気
  50. 糖尿になった
  51. 微熱
  52. イライラ
  53. 遺伝する病気
  54. かゆみ
  55. ヒリヒリ痛む
  56. 身体がふるえる
  57. 体がくさい
  58. 尿の色と匂い
  59. 血尿と尿ガン
  60. ● 生活の中で
  61. 疲れ
  62. 眠気
  63. 食欲不振
  64. 背中がかゆい
  65. 筋肉痛
  66. 肩こりは難病か
  67. 関節の痛み
  68. 手足のしびれ
  69. 膝の痛み
  70. 膝立ちでの痛み
  71. 足と膝の痛み
  72. 足の裏の痛み
  73. 足のむくみ
  74. 腰の痛みと対策
  75. 季節の症状
  76. 痛みで眠れないときに
  77. 頻尿を改善したい
  78. 手が腫れる
  79. ガンの見つけ方
  80. 痛いイボ痔対策
  81. ● 小さな命の症状
  82. 子供の頭痛
  83. 子供の髪の毛
  84. 子供のめまい
  85. 子供の足の痛み
  86. 子供の微熱
  87. 子供のノド
  88. 子供の胃腸炎
  89. 子供のおちんちん
  90. 子供の感染症
  91. 赤ちゃんのむくみ
  92. ● 女性特有
  93. 陰部が痛い
  94. 陰部がかゆい
  95. 乳房が痛い
  96. 下腹部が痛い
  97. ●健康へ向けて
  98. 栄養を摂る食べ物
  99. 身体を動かすこと
  100. 健康呼吸法
  101. 病気のダイエット
  102. おいしい食べ物
  103. 玄米酵素の炊き方
  104. 健康対策のアイテム
  105. サプリメントと健康食品
  106. 便秘に悩んだとき
  107. 疲れをとるサプリ
  108. 水分の正しい飲み方
  109. アルコール 健康的な飲み方
  110. 健康寿命とSF
介護 1人暮らし