便秘の原因と解消対策:症状から調べる病気とその原因

Home > 健康へ向けて > 便秘のサプリ

本当は恐い便秘の対策

便通は毎日あるのが普通ですが、あまり来ない症状が便秘です。単に「出ない」のが便秘と思われがちですが、実際はもっと幅広く定義することができます。

まず、3日以上無い……これは間違いなく便秘ですね。ほかに、硬くて量が少ない、残便感がある……なども便秘のうちなのです。排便が困難なことにともなって、腹痛、腹部膨満感、 食欲不振などの症状もあらわれます。

男性にもおこりますが、むしろ女性のほうに多いようです。肌荒れや肩こりの原因になるなど、影響が全身に広がることもあります。

■ 排便のしくみと便秘の正体

大腸は水分を吸収するための臓器です。そのため胃腸を抜けて大腸内までやってきた便は、ここで水分を失って液体っぽさが無くなっていきます。便が普通に動いて流れればいいのですが、不都合なことがあれば、動きが遅くなったりとまったりします。そうやって理想的な滞在時間を過ぎると、水分が必要以上に奪われてしまい、硬く小さな便になっていくのです。

食事や運動不足などを原因とする便秘のことを「常習便秘」といいます。一般に「便秘」と呼ばれている症状がこの常習便秘ですね。主な原因は、食事量・食物繊維の摂取不足、運動不足、排便の意識的抑制、 旅行などによる排便習慣の変化、環境の変化、ストレスなど。つまり、日々の習慣を改善できれば、比較的カンタンに治ってしまうのです。

「常習便秘」の中には、改善しにくい便秘があります。 腸内では、便を体外に送り出すため”ぜん動運動”が行われてますが、この腸の動きを支配しているのが「自律神経」。あなたがストレスにさらされると、自律神経がコントロールを失い、腸のぜん動運動も正常でなくなります。

腸の動きが滞れば便が排出されにくくなりますよね。このような、ストレスが原因となるのが「ストレス性便秘」といいます。排出されない便はどんどん硬くなっていくので、時間が経つほど便が出にくいという悪循環に陥りいます。ストレスは心の問題なので、体調管理だけでは改善しにくい難しさをもってます。

■ 便秘を引きおこす病気とは?

病気が原因となっている便秘も多々あります。「腹痛を伴う場合」と「痛みがない場合」とがあり、たかが便秘と侮らない恐さがあります。最悪の結果といえるのが大腸穿孔や糞便性腸閉塞でしょう。

大腸穿孔は、大腸に穴が空いてしまった症状です。異物を飲み込んで腸内から傷つけたり、腸内にできたポリープなどが原因です。糞便性腸閉塞の便はコンクリートのように硬くなります。自力での排出は不可能で大腸ごと手術で取り除くしかありません。

人が便を排出をガマンできるのは何時まででしょうか。食事量などの個人差が大きいので、何日が限界などとは一概にいえません。数週間も出ていないようであれば、すぐにでも病院へかけこむべきです。便秘が原因で死亡した女性が現実にいました。便秘症を自覚してるなら、あまり排泄の努力を怠ってはいけないのです。

■ うんちを構成している成分とは?

健康な人の場合、うんちの占める成分のほとんどは水分です。 どれくらいの割合かといえば、なんと「80%」です。この「80%」というのは理想形。85%以上なら下痢っぽくなり、逆に60%以下が硬いウンチです。いずれにせよ、うんうん苦労する塊がほとんど水なんです。信じがたい事実ですが、私たちは唸りながら水を出しているというわけです。

 残りの20%が何でしょうか?
 ・3分の1が、食べカス
 ・3分の1が、生きた腸内細菌
 ・3分の1が、はがれた腸粘膜

水が80%で残った成分が上の3等分。という割合が理想なのです。この比率からズレたウンチがでているなら、身体や腸内が健康でいことになります。うんちを見れば腸内細菌のバランスも見て取れることになります。

■ 理想のうんちの形状は?

うんちの内容は、日々変化していってます。食生活や運動や体調だけでなくストレスなどの影響をうけてます。「うんち成分の比率から健康が判断できる」といいましたが、その判断は形を見ればすぐにわかります。ウンチの成分は、カタチにも表れるのです。

もっとも理想のウンチは、バナナうんち。 カス・水分・細菌のバランスがとても良いウンチであり、腸内環境の安定を物語ってます。

健康のリズムは、男性と女性では異なるものですが、腸内の異変にも男女差があるようです。たとえば、ストレスがある女性は便秘をおこしますが、男性は下痢になる傾向があります。

■ 便秘や宿便をスッキリさせて

便秘を解消するために、飲み薬を服用することがあります。キッカケは病院から処方でも、ドラッグストアでの購入でもかまいません。たしかに薬によって便秘は治まるのですが、問題はその後です。 便秘薬を飲めば便が気持ちよく出る効果を知ってしまったことで、便秘のたびに薬に頼るようになる人がことのほか多いのです。

2度や3度なら、そう問題ありません。
でも一年中を通して、

 出ない>飲む
 出ない>飲む
 出ない>飲む  

とやっていくのが危険なのです。人間には耐性があるので、どんな薬でも身体がそれに合わせてしまいます。その薬に馴染んでいくのです。劇的に効果があった薬も、効果が下がり、やがてあんまり効かなくなります。

便秘を治すために、もっと強い薬を求めるようになっていきます。 強い薬を飲んで効果があったとしても、それもいずれ慣れてしまいます。もっと強い便秘薬が必要となるという負のスパイラルになっていきます。

 効いてた > 効かなくなった > もっと強い薬を

いつかは、手に入るどんな薬を飲んでも効果が無くなり、そこまでいくと、薬無しでは便が出ない依存体質になってしまってます。これこそ、便秘薬に頼る恐さです。

■ 常習性が無い医薬部外品を!

リズムハーブSという、サプリメントを知ってますか? 「サプリ」と言うと語弊がありますね。レッキとした「指定医薬部外品」ですので。お腹に無理をさせる便秘薬と異なって、食物繊維で数日かけてじっくり便を排出します。

腸内への負担が少ないので、お腹が痛くならないし常習性もありません。もちろん、副作用なんかもない。 気持ちよくスッキリ出るので、ウソのように便秘の悩みから開放されます。

カラダの悩みや症状

サイドメニュー

  1. Home
  2. ● 頭・顔の症状
  3. 頭痛
  4. 鼻血
  5. めまい
  6. 脳血栓の前触れ
  7. 頭がかゆい
  8. 頭のかさぶた
  9. 毛が抜ける
  10. 髪が抜ける病気
  11. 喉が渇く症状
  12. 喉の違和感
  13. 喉が腫れる
  14. 目のアレルギー
  15. 目の痛み
  16. PC・スマホの害
  17. スマホで失明
  18. 難聴の原因と対策
  19. 耳が詰まった感じ
  20. あごの痛み
  21. 首が痛い
  22. ● 胸・お腹の症状
  23. 息苦しい
  24. 呼吸が苦しい
  25. 吐き気
  26. 吐き気と頭痛・めまい
  27. 胸の痛み
  28. 吐血と喀血
  29. 腹痛
  30. お腹が張る
  31. 動悸の症状
  32. 背中が痛い
  33. 下腹部の痛み
  34. 腰痛について
  35. 左右横腹が痛い
  36. 胃痛と吐き気
  37. ● 身体全体の症状
  38. あくび
  39. てんかん
  40. だるい
  41. むくみ
  42. 貧血の原因と症状
  43. たちくらみの症状と対策
  44. 痩せる
  45. 体重減少
  46. 太り過ぎの病気
  47. 糖尿になった
  48. 微熱
  49. イライラ
  50. 遺伝する病気
  51. かゆみ
  52. ヒリヒリ痛む
  53. 身体がふるえる
  54. 体がくさい
  55. 尿の色と匂い
  56. 血尿と尿ガン
  57. ● 生活の中で
  58. 疲れ
  59. 眠気
  60. 食欲不振
  61. 背中がかゆい
  62. 背中がかゆい
  63. 筋肉痛
  64. 肩こりは難病か
  65. 関節の痛み
  66. 手足のしびれ
  67. 膝の痛み
  68. 膝立ちでの痛み
  69. 足と膝の痛み
  70. 足の裏の痛み
  71. 足のむくみ
  72. 腰の痛みと対策
  73. 季節の症状
  74. 痛みで眠れないときに
  75. 頻尿を改善したい
  76. 手が腫れる
  77. ガンの見つけ方
  78. 痛いイボ痔対策
  79. ● 小さな命の症状
  80. 子供の頭痛
  81. 子供の髪の毛
  82. 子供のめまい
  83. 子供の足の痛み
  84. 子供の微熱
  85. 子供のノド
  86. 子供の胃腸炎
  87. 子供のおちんちん
  88. 子供の感染症
  89. 赤ちゃんのむくみ
  90. ● 女性特有
  91. 陰部が痛い
  92. 陰部がかゆい
  93. 乳房が痛い
  94. 下腹部が痛い
  95. ●健康へ向けて
  96. 栄養を摂る食べ物
  97. 身体を動かすこと
  98. 健康呼吸法
  99. 病気のダイエット
  100. おいしい食べ物
  101. 玄米酵素の炊き方
  102. 健康対策のアイテム
  103. サプリメントと健康食品
  104. 便秘に悩んだとき
  105. 疲れをとるサプリ
  106. 水分の正しい飲み方
  107. アルコール 健康的な飲み方
  108. 健康寿命とSF
介護 1人暮らし