女性特有の症状 病気や原因について

Home > 女性特融の症状

女性特融の症状

人の身体は誰でも、基本的には同じ構造をしています、よね? 「同じはず」ということが信じられていますが、それはあまり正確な表現ではありません。 子供から大人への成長していく段階で免役や骨格が変化していきますし、 男女に明確な違いがあることは誰もがご存知のことです。 こじつけに近いといえなくもないですが、とにかく身体の構造が異なることに違いはありません。

実際のこと。そうした違いのせいで病気への対応が変化してしまう問題があります。 子供は小児科、女性は婦人科といったように受診する科も異なります。 とくに男性と女性の身体の違いは大きく、 性格やライフスタイル社会的な構成にもおよぶ大きな性差があります。

この項目では、とくに女性の身体におこる症状や病気について、調べてみました。

女性だけにおこる病気や症状について

陰部が痛い場合
女性の陰部には、おしっこを出す器官があり、子宮に繋がる膣もあります。 痛みやカユミ、腫れなどがおこりやすいのですが、非常にデリケートな部分なので、相談が難しいですね。 とくに若い未婚者においては、婦人科にいくことすらためらってしまい、 症状を悪化させてしまうことがあります。

陰部がかゆいとき
陰部(お股)に痛みを感じるのは困ったものですが、痛みよりも苦痛なのは「痒み」です。外に出てしまえば、かゆくても触ることがむずかしくので、思いのほか厄介な問題なのです。かゆい原因の理由は病気は色々あります。ここでは、疾患の種類や予防などを考えます。

胸(乳房)に感じる痛みと違和感
女性の胸(乳房)はとでも魅力的。古くから美の対象とされていてモチーフとした女神の絵画や裸像の数は、男性がかなうものではありません。しかしその美しさの中には女性特有の病気が隠れています。乳房に痛みやしこりを感じるならば、乳腺に関係する病気になっている可能性があります。

下腹部に感じる痛み
女性の下腹部には大事な子宮や卵巣が納まっています。男性よりも複雑である分、下腹部痛を伴う病気が起こりやすくなっています。身体が冷えたときに感じる違和感や下腹部痛は男性よりも多いのではないでしょうか。 痛みが多く体験することは、よくも悪くも経験が豊富になります。「これはよくある痛み」と自分で判断することが常でしょう。ですが、いつもの下腹部痛と原因の違う深刻な病気にかかってる可能性を見逃してしまう危険もあるのです。

女性が気になってる病気には性病(精器ヘルペス・クラミジア・コンジローマ・カンジタ)や癌、更年期障害があります。症状にかゆい痛い苦しいなどがあり、とくに性器の違和感には敏感な方が多いですね。症状や病気にランキングはむずかしいですが、性病に限っては、クラミジア感染症 淋病 性器ヘルペス 尖圭コンジローム 梅毒 毛じらみ症、の順番に発症者が多いようです。

よくある女性の病気とは

よく言われるところの「女性特融の病気」にはどのようなものがあるのでしょうか。 主だった病気を以下に一覧としました。

子宮内膜症:
 子宮の内側にあるべき子宮内膜が卵巣や腹膜などに入り込んでしまう病気です。月経期に剥離・出血しても体外に出ることができなくなります。激しい痛みをともなうことがあります。

子宮筋腫:
 子宮にできる腫瘍です。症状は目だって表れないことが多いのですが、不妊や流産の原因になることもあります。早期発見したい病気です。

子宮頸がん:
 子宮の入口付近にある「子宮頸部」にできるがんです。自覚症状がほとんどありません。知らないままに進行し子宮摘出に至ることもあります。

子宮体がん:
 子宮体部(胎児を育てる場所)にできるがんです。こちらは症状が表れます。もしも月経とは無関係な不正出血があり、おりものや腹痛がある場合は、子宮体がんという可能性があります。

卵巣がん:
 初期症状があまりないために、発覚したときには転移している危険のあるがんです。症状には、下腹部の痛みや圧迫感を伴います。茎捻転や破裂という恐れもあります。

卵巣のう腫:
 卵巣に液体や脂肪が溜まる病気です。初期にたいした痛みはないのですが、肥大してくると腹痛、湯痛、頻尿、便秘などがおこります。最終的には茎捻転を起こす危険もあります。

乳がん:
 乳腺にできる腫瘍のこと。胃がん、肺がん、大腸がんと並んで死亡率の高さが際立ってます。いっぽうで、必ず悪化するとも限らず、治しやすいがんの一つとされてます。

バセドウ病:
 甲状腺ホルモンが過剰に分泌されてしまい、新陳代謝がやたら盛んになる病気です。頻脈、動悸、また眼球突出(前方に突き出す)などの症状が見られます。

関節リウマチ:
 最初は両手指の軽い痛みですが、やがて他の関節にも激しい腫れや痛みが生じる病気です。発熱や食欲不振の症状がおこることもあります。圧倒的にかかりやすいのは女性ですが、男性も発症します。

月経不順:
 月経の周期が通常よりも短くなったり長くなったりする症状のこと。ホルモンバランスの乱によってひきおこされると考えられてます。

更年期障害:
 ホルモンバランスの乱れによって、身体的・精神的な異常が乱れる状態です。閉経前後の女性に多く、動悸、頭痛、不眠、不安、イライラ、食欲不振などなど、さまざまな症状が表れます。

妊娠可能世代におこりやすい病気
いわゆる病気というものではありませんが、20代後半から40代前半ごろの妊娠可能な世代におこる事例があります。たとえば「不妊」は子供が欲しいけどできない夫婦の悩みです。 腹部と子宮を切断して外科的に胎児を取り出す「帝王切開」は、ここ20年間、急増の傾向があります。

カラダの悩みや症状

サイドメニュー

  1. Home
  2. ● 頭・顔の症状
  3. 頭痛
  4. 顔色が黒い
  5. 鼻血
  6. めまい
  7. 脳血栓の前触れ
  8. 頭がかゆい
  9. 頭のかさぶた
  10. 毛が抜ける
  11. 髪が抜ける病気
  12. 喉が渇く症状
  13. 喉の違和感
  14. 喉が腫れる
  15. 目のアレルギー
  16. 目の痛み
  17. PC・スマホの害
  18. スマホで失明
  19. 難聴の原因と対策
  20. 耳が詰まった感じ
  21. あごの痛み
  22. 首が痛い
  23. ● 胸・お腹の症状
  24. 息苦しい
  25. 呼吸が苦しい
  26. 吐き気
  27. 吐き気と頭痛・めまい
  28. 胸の痛み
  29. 狭心症
  30. 吐血と喀血
  31. 腹痛
  32. お腹が張る
  33. 動悸の症状
  34. 背中が痛い
  35. 下腹部の痛み
  36. 腰痛について
  37. 左右横腹が痛い
  38. 胃痛と吐き気
  39. ● 身体全体の症状
  40. あくび
  41. てんかん
  42. だるい
  43. むくみ
  44. 貧血の原因と症状
  45. たちくらみの症状と対策
  46. 朝おきられない
  47. 痩せる
  48. 体重減少
  49. 太り過ぎの病気
  50. 糖尿になった
  51. 微熱
  52. イライラ
  53. 遺伝する病気
  54. かゆみ
  55. ヒリヒリ痛む
  56. 身体がふるえる
  57. 体がくさい
  58. 尿の色と匂い
  59. 血尿と尿ガン
  60. ● 生活の中で
  61. 疲れ
  62. 眠気
  63. 食欲不振
  64. 背中がかゆい
  65. 筋肉痛
  66. 肩こりは難病か
  67. 関節の痛み
  68. 手足のしびれ
  69. 膝の痛み
  70. 膝立ちでの痛み
  71. 足と膝の痛み
  72. 足の裏の痛み
  73. 足のむくみ
  74. 腰の痛みと対策
  75. 季節の症状
  76. 痛みで眠れないときに
  77. 頻尿を改善したい
  78. 手が腫れる
  79. ガンの見つけ方
  80. 痛いイボ痔対策
  81. ● 小さな命の症状
  82. 子供の頭痛
  83. 子供の髪の毛
  84. 子供のめまい
  85. 子供の足の痛み
  86. 子供の微熱
  87. 子供のノド
  88. 子供の胃腸炎
  89. 子供のおちんちん
  90. 子供の感染症
  91. 赤ちゃんのむくみ
  92. ● 女性特有
  93. 陰部が痛い
  94. 陰部がかゆい
  95. 乳房が痛い
  96. 下腹部が痛い
  97. ●健康へ向けて
  98. 栄養を摂る食べ物
  99. 身体を動かすこと
  100. 健康呼吸法
  101. 病気のダイエット
  102. おいしい食べ物
  103. 玄米酵素の炊き方
  104. 健康対策のアイテム
  105. サプリメントと健康食品
  106. 便秘に悩んだとき
  107. 疲れをとるサプリ
  108. 水分の正しい飲み方
  109. アルコール 健康的な飲み方
  110. 健康寿命とSF
介護 1人暮らし