子供の胃腸炎(胃炎)から、原因と病気をみつける

Home > 小さな命の症状 > 子供の胃腸炎

子供の胃腸炎(胃炎)について

胃腸炎といえばストレスに悩む中高年が患う病気というイメージがあります。
しかしそれは間違いで、若い世代どころか、子供であっても、 大人と同じ様に胃炎にかかることがあります。 胃腸の調子を悪くして、とつぜん吐いたり下痢になったりするのです。

すぐに回復すれば良いのです。しかし、なかなか治らず長引くこともありますし、 病気の種類によっては、兄弟や姉妹、保育所や幼稚園の友達などといった、 ほかの子供に感染することも考えられます。

そのような子供の胃腸炎には、どのようなものがあるのでしょうか?

■ 子供が胃腸炎になる原因とは?

消化管に炎症をおこすのが胃腸炎。嘔吐、または下痢などの症状がでるのですが、 片方どころか、両方の症状を一度にひきおこす場合もよくあります。 また、発熱や腹痛をともなうこともあります。

世の中の胃腸炎の原因のほとんどは、ウイルスか細菌または寄生虫による感染です。胃腸が感染症にかかると、さまざまな症状がおこります。嘔吐や下痢、激しい腹痛や発熱、さらには食欲不振などが組み合わされた結果、体内の水分が不足してしまって脱水症をひきおこします。病院で診てもらうなら、その子の症状の経過のほか、子供が接触したモノや人について医者に伝えるといいでしょう。病気の診断に役立つことがあります。

感染の種類

・ウイルス感染
胃腸炎の原因で、最も多いのがウイルス感染です。種類は、ロタウイルス・ノロウイルス・アデノウイルスなどですが、保育所や学校などのような人混みの多い場所でよく感染します。たいていの場合、感染させる相手も子供です。胃腸炎にかかった小児や胃腸炎の病原体にさらされたことのある小児から、うつされるのです。

ウイルス性胃腸炎の感染というのは、一般に手に付着して口から体内に入り込みます。くしゃみや唾液から感染が広がることもあります。小さな子供はなんでも触りますし自分や相手に無頓着です。口に触った手や指で、おもちゃや周りの小児にかまわずさわることが、ウイルス性胃腸炎が広まりやすい原因のひとつです。

・細菌や寄生虫感染
原因細菌はカンピロバクターがもっとも多く、大腸菌、コレラ菌、サルモネラ属、赤痢菌属などが続きます。集団感染で知られるO-157は病原大腸菌の一種で、出血性の下痢をおこします。寄生虫・原虫が原因となる胃腸炎もあります。ジアルジア、クリプトスポリジウム、赤痢アメーバなどによるもので、抵抗力の弱い子どもでは重症化の可能性があります。

こうした細菌・寄生虫による多くは、食べ物から身体に入ることから食中毒と呼ばれてます。細菌汚染されたことに気が付かないで、食品をさわったり食べたりした場合は、感染の危険があります。未加熱、調理が不十分な肉や卵、低温殺菌処理されていない牛乳やジュースなどは、リスクがさらに高まります。

常温で細菌が増殖しそうな食品はいくらでもあります。ほぼ全てのが該当するといってもいいかもしれません。ブドウ球菌という細菌が食品を汚染すると、突然の嘔吐と下痢を起こす毒素を分泌することがあります。

感染経路は、ウィルスと比べて多岐にわたります。下痢のイヌやネコから感染する場合もありますし、貝を食べたとき、井戸や川、プールの水を飲み込んだ、食べ物でないモノ(その辺の草など)を食べた・・・子供の行動の数だけ感染ルートはあるのです。

どんな症状になるのか

上でも言いましたが、通常は複数が組み合わさった症状が現れます。

 嘔吐
 下痢
 腹痛
 発熱
 食欲不振

最初に目立つのが「嘔吐」その後に「下痢」が続く、というのがよくある症状のパターンです。嘔吐と下痢とが一緒に起こる場合もあります。ウイルス性胃腸炎の主な症状は水っぽい下痢です。ある種類の細菌が原因となる場合は、便に血が混じることがあります。こうした症状では、水分を十分に摂取することで、そのうち回復していきます。

胃腸炎が重症する最も多いのが脱水症です。嘔吐と下痢によって、身体から水分が失われた結果です。軽い脱水のうちは飲み物をほしがります。重症化すると、だるそうになったり、怒りっぽくなったり、ぐったりしてきます。

この脱水症というのは、身体の大きさで症状が異なります。身体がある程度成長した幼児と比べて、身体が小さく水分量の少ない乳児のほうが脱水症や深刻な副作用がはるかに起こりやすいのです。乳児が脱水症になると、泣いても涙が出なくなります。年長児の方は、尿の量が減少したり、喉が激しく渇きます。少量でもいいので、頻繁に水分を飲ませることで、脱水症を防ぐことができます。

効果的に予防するには?

胃腸炎に対して最も効果の高い予防策は、手洗いとうがいです。子供には手を洗うよう習慣をつけさせます。同時に、親としては、適切に保存されていない食物は放置しないことです。目安ですが、調理済みの食品であれば、1時間以内に食べてしまうことです。ちなみに、乳児の胃腸炎を予防するカンタンで効果的な方法は「母乳を与えること」です。

また、ロタウイルスには、ワクチンを接種して予防することもできます。乳児であれば、生後2カ月、4カ月、6カ月の3回接種します。 下痢をしている小児は、感染の拡大を防ぐためにも、症状がなくなるまで保育所へ戻ってはいけません。

自宅でできる胃炎の看護

子供が胃腸炎にかかった場合、子供が飲んだ水分の量に注意していなければなりません。次のような傾向があるなら、脱水症を起こしてます。すぐにでも病院へ行って治療を受けなければなりません。

・口が渇いている場合
・尿の量が少ない場合
・泣いているのに涙が出ない場合
・両目がくぼんでいる場合
・頭部の柔らかい部分がへこんでいる場合

胃腸炎にかかった子供は、急激に水分が不足していきます。そのため、1度に飲む量が少量であっても、どんどん水分を飲むように促すとよいでしょう。乳児であれば、経口電解質溶液(粉末状・液体状の補水液)のほか、母乳や粉ミルクも与え続けます。

乳児や幼児にはジュース、ソーダ、炭酸飲料、お茶、スポーツドリンク、カフェインの入った飲み物を与えてはいけません。こうした飲料は、含まれる砂糖が多すぎるために、下痢を悪化させてしまうことがあります。しかも、補わなければならない塩分(電解質)の含有量は少なすぎるのです。年長児の場合も、ジュースやソーダよりも糖分の少ないスポーツドリンクを飲ませます。でも電解質の含有量が少ないので、より含有量の多い経口電解質溶液のほうがオススメです。

嘔吐する子供には、根気よく、少量の水分を与え続けます。吐いたとしても、少しは吸収されるので、脱水の予防になります。ほんの数口ずつでも水分を与えることが大切なのです。吐かない状態になったなら、水分補給の間隔をあけ(10〜15分おき)て様子をみます。1時間ほど経過したら、30〜60ミリリットルまで増やし、それでも吐かなのであれば、もっと増やします。

1度の飲む量が増えたのなら、回数は1時間に1回程度に減らします。こうして、徐々に水分補給の間隔を広げて、一度の量を増やしていくのです。一日あたりの水分量は子供の年齢によって異なります。一般的な目安は、体重1キログラムに対して約100ミリリットルとされてます。嘔吐や下痢が治まれば、その翌日からは普通の食事でOKです。ちなみに、電解質溶液をだらだら与えるのは問題があります。せいぜい24時間でやめましょう。

ほんの数口分の水分さえ受け付けない場合や、症状が1〜2日以上続くようあれば、無理をさせないで病院へいきましょう。

子供が風邪や胃腸炎になってしまった。近日中に行われる学校行事(遠足やバス旅行や運動会など)に参加させてもいいのでしょうか。これを判断するのは、親でも担任でもなく病院です。症状が回復して元気であっても、病気によっては他所の子供に感染させてしまう可能性があります。 症状が軽いとか、子供本人が元気で行きたがってるとか、想い出を作ってあげたい親の気持ちとかいろいろあるでしょう。でも、それとこれとは別の話しです。 他所の子にうつしてしまって、後で問題になることもあります。判断は医者に委ねましょう。

カラダの悩みや症状

サイドメニュー

  1. Home
  2. ● 頭・顔の症状
  3. 頭痛
  4. 顔色が黒い
  5. 鼻血
  6. めまい
  7. 脳血栓の前触れ
  8. 頭がかゆい
  9. 頭のかさぶた
  10. 毛が抜ける
  11. 髪が抜ける病気
  12. 喉が渇く症状
  13. 喉の違和感
  14. 喉が腫れる
  15. 目のアレルギー
  16. 目の痛み
  17. PC・スマホの害
  18. スマホで失明
  19. 難聴の原因と対策
  20. 耳が詰まった感じ
  21. あごの痛み
  22. 首が痛い
  23. ● 胸・お腹の症状
  24. 息苦しい
  25. 呼吸が苦しい
  26. 吐き気
  27. 吐き気と頭痛・めまい
  28. 胸の痛み
  29. 狭心症
  30. 吐血と喀血
  31. 腹痛
  32. お腹が張る
  33. 動悸の症状
  34. 背中が痛い
  35. 下腹部の痛み
  36. 腰痛について
  37. 左右横腹が痛い
  38. 胃痛と吐き気
  39. ● 身体全体の症状
  40. あくび
  41. てんかん
  42. だるい
  43. むくみ
  44. 貧血の原因と症状
  45. たちくらみの症状と対策
  46. 朝おきられない
  47. 痩せる
  48. 体重減少
  49. 太り過ぎの病気
  50. 糖尿になった
  51. 微熱
  52. イライラ
  53. 遺伝する病気
  54. かゆみ
  55. ヒリヒリ痛む
  56. 身体がふるえる
  57. 体がくさい
  58. 尿の色と匂い
  59. 血尿と尿ガン
  60. ● 生活の中で
  61. 疲れ
  62. 眠気
  63. 食欲不振
  64. 背中がかゆい
  65. 筋肉痛
  66. 肩こりは難病か
  67. 関節の痛み
  68. 手足のしびれ
  69. 膝の痛み
  70. 膝立ちでの痛み
  71. 足と膝の痛み
  72. 足の裏の痛み
  73. 足のむくみ
  74. 腰の痛みと対策
  75. 季節の症状
  76. 痛みで眠れないときに
  77. 頻尿を改善したい
  78. 手が腫れる
  79. ガンの見つけ方
  80. 痛いイボ痔対策
  81. ● 小さな命の症状
  82. 子供の頭痛
  83. 子供の髪の毛
  84. 子供のめまい
  85. 子供の足の痛み
  86. 子供の微熱
  87. 子供のノド
  88. 子供の胃腸炎
  89. 子供のおちんちん
  90. 子供の感染症
  91. 赤ちゃんのむくみ
  92. ● 女性特有
  93. 陰部が痛い
  94. 陰部がかゆい
  95. 乳房が痛い
  96. 下腹部が痛い
  97. ●健康へ向けて
  98. 栄養を摂る食べ物
  99. 身体を動かすこと
  100. 健康呼吸法
  101. 病気のダイエット
  102. おいしい食べ物
  103. 玄米酵素の炊き方
  104. 健康対策のアイテム
  105. サプリメントと健康食品
  106. 便秘に悩んだとき
  107. 疲れをとるサプリ
  108. 水分の正しい飲み方
  109. アルコール 健康的な飲み方
  110. 健康寿命とSF
介護 1人暮らし