子供のめまい症状から みつける病気と原因

Home > 小さな命の症状 > 子供のめまい

子供のめまい 原因と症状

大人に起こるめまいは、ある程度の原因が解明されています。めまいは、子供にもおこりますが、 子供のめまいに、大人のケースはあてはまりません。 成人や高齢者とは、まったく異なる原因があるのです。

めまいを大きく分けると、ぐるぐる回る「回転性と」、 体が揺れたり浮いたりするように感じる「浮動性・動揺性」の2つに別けられます。 ほかに、立ち上がったときに目の前が暗くなったり、吐き気をもよおす立ちくらみといった 「失神性発作」も、めまいの一種と考えられます。

子どものめまいは、近年になってさらに増える傾向にあります。

■ 子供のめまいは、見つけにくい

めまいを起こしてるのは大人だけでありません。幼い子供だった起こっていることがあるのですが、 周囲の大人は気付けないようです。 幼児は「めまい」があっても理解できません。成長まっさかりで全てが未経験な幼児にとって、めまいさえも体験のひとつ。そういうものだと受け入れてしまいます。変だと違和感を感じたとしても「めまいがする」と訴えることはありません。

日常的にめまいを抱えている子供は、一人立ちが遅かったり、転びやすかったりする特徴があります。 「なんかおかしい」。周りの大人がやっと気づくのは、 歩き始めの年齢である2〜3歳ごろだと言われてます。 「めまいの感じ」を訴えられるようになるのはさらに遅く、4〜5歳ごろに成長したあたりかと思われます。

「めまい」の原因となり得る病気は、たくさんあります。しかも、新生児期・乳幼児期・学童期によって、 疾患が異なってます。素人には違いがわからないのは当然としても、医者でさえ診断が難しいとされてます。 そのため「めまい」という診断がされずに、対症療法で済まされてしまうことも多いようです。

その「めまい」がどんな病気に起因しているのか。年齢相応の運動機能かどうか。 平衡機能に異常がないか。まずはそうしたことから判断し確かめるのが正解です。

■ めまいの種類

原因は多種多様なのですが、大きくは3つに分けることができます。

・末梢性めまい
  内耳や前庭神経の障害が原因のめまい

・中枢性めまい
  脳が原因となるめまい

・全身の異常から生じるめまい

一応は、上記のように分けられてはいるのですが、実際の区分けはそれほどカンタンではありません。そろどころか分けることは困難です。 原因がはっきりしない場合もありますし、少なからず、年代によっても異なっているのです。

 乳幼児期(6歳まで)
   てんかん
   内耳(ないじ)奇形
   小児良性発作性めまい
   脳腫瘍
   急性小脳失調症
   髄膜炎

 学童・思春期(7〜15歳)
   起立性調節障害    心理的な要素・片頭痛が関連

 年代に共通
   外リンパ瘻(ろう)先天性真珠腫
   ウイルスによる内耳炎
   前庭神経炎(ぜんていしんけいえん)

内耳の病気であるメニエール病は、大人におこる反復性めまいの代表です。 めまいを発作的に繰り返すだけでなく、発作を起こすたびに、病気が悪化していう厄介な病気です。 回転性の激しい めまい だけでも、苦痛なのですが、耳の閉塞感や圧迫感、 耳鳴り、難聴なども伴います。子供にはマレとされていましたが、 生活環境が変化からか、10歳以下の子供に、もちらほら発症するようになっています。

■ 起立性調節障害

子供のめまいで、一番多い病気は「起立性調節障害」です。 学童期や思春期におこりやすい病気で、自律神経の機能障害が原因となってます。 学校生活や家族関係などがストレスになったりする等、心理的な問題が発端になるとされます。

症状はめまいだけではありません。立ち上がった直後に目の前がまっくらになったり、 時間が経ってからふらついたりして、時には、失神して転倒することもあります。 その時だけでなく、日頃から倦怠感や食欲不振、頭痛、腹痛などが伴うという人もいます。 こうした子供の調子が悪くなるタイミングは、主に午前中や入浴後で、 「いやなことを見たり聞いたりしただけでも気持ちが悪くなる」といった特徴を持ちます。

症状が軽いなら、自然に治ることも珍しくありません。しかし症状が重かったり長引いたりするなら、 薬物治療や心理療法を受ける必要もあります。

■ めまいは遺伝する?

「めまいを起こしやすい親子」というケースを時々出会います。 めまいというのは遺伝するのでしょうか? めまいは遺伝病ではないので安心してください。ところが、めまいの生じる病気の中には、 遺伝が関係するものがあります。ちょっと微妙ですね。

 少量のアミノ配糖体の抗生物質による内耳障害
 神経線維腫U型
 前庭水管拡張症

こうした病気は、親から子へと遺伝することで知られています。めまいが遺伝するのではありません。 遺伝するのは、めまいを引き起こしている原因のほうです。

母子間の体質や家庭での生活環境も、めまいに関係すると考えられることもあります。 例えば、どちらかの親に自律神経失調症や片頭痛があったりすると、 子供にもめまいがおこりやすいと言われます。遺伝とは違いますが、体質は引き継ぐようです。

病気でなくても頭痛やめまいがおこるケースがあります。過去に頭をぶつける怪我に遭った場合もそうです。 とくに交通事故は怖いですね。その時点の検査ではなにも異常がみつからなくても、 数年後にめまいが発症ということは珍しくありません。

カラダの悩みや症状

サイドメニュー

  1. Home
  2. ● 頭・顔の症状
  3. 頭痛
  4. 顔色が黒い
  5. 鼻血
  6. めまい
  7. 脳血栓の前触れ
  8. 頭がかゆい
  9. 頭のかさぶた
  10. 毛が抜ける
  11. 髪が抜ける病気
  12. 喉が渇く症状
  13. 喉の違和感
  14. 喉が腫れる
  15. 目のアレルギー
  16. 目の痛み
  17. PC・スマホの害
  18. スマホで失明
  19. 難聴の原因と対策
  20. 耳が詰まった感じ
  21. あごの痛み
  22. 首が痛い
  23. ● 胸・お腹の症状
  24. 息苦しい
  25. 呼吸が苦しい
  26. 吐き気
  27. 吐き気と頭痛・めまい
  28. 胸の痛み
  29. 吐血と喀血
  30. 腹痛
  31. お腹が張る
  32. 動悸の症状
  33. 背中が痛い
  34. 下腹部の痛み
  35. 腰痛について
  36. 左右横腹が痛い
  37. 胃痛と吐き気
  38. ● 身体全体の症状
  39. あくび
  40. てんかん
  41. だるい
  42. むくみ
  43. 貧血の原因と症状
  44. たちくらみの症状と対策
  45. 朝おきられない
  46. 痩せる
  47. 体重減少
  48. 太り過ぎの病気
  49. 糖尿になった
  50. 微熱
  51. イライラ
  52. 遺伝する病気
  53. かゆみ
  54. ヒリヒリ痛む
  55. 身体がふるえる
  56. 体がくさい
  57. 尿の色と匂い
  58. 血尿と尿ガン
  59. ● 生活の中で
  60. 疲れ
  61. 眠気
  62. 食欲不振
  63. 背中がかゆい
  64. 筋肉痛
  65. 肩こりは難病か
  66. 関節の痛み
  67. 手足のしびれ
  68. 膝の痛み
  69. 膝立ちでの痛み
  70. 足と膝の痛み
  71. 足の裏の痛み
  72. 足のむくみ
  73. 腰の痛みと対策
  74. 季節の症状
  75. 痛みで眠れないときに
  76. 頻尿を改善したい
  77. 手が腫れる
  78. ガンの見つけ方
  79. 痛いイボ痔対策
  80. ● 小さな命の症状
  81. 子供の頭痛
  82. 子供の髪の毛
  83. 子供のめまい
  84. 子供の足の痛み
  85. 子供の微熱
  86. 子供のノド
  87. 子供の胃腸炎
  88. 子供のおちんちん
  89. 子供の感染症
  90. 赤ちゃんのむくみ
  91. ● 女性特有
  92. 陰部が痛い
  93. 陰部がかゆい
  94. 乳房が痛い
  95. 下腹部が痛い
  96. ●健康へ向けて
  97. 栄養を摂る食べ物
  98. 身体を動かすこと
  99. 健康呼吸法
  100. 病気のダイエット
  101. おいしい食べ物
  102. 玄米酵素の炊き方
  103. 健康対策のアイテム
  104. サプリメントと健康食品
  105. 便秘に悩んだとき
  106. 疲れをとるサプリ
  107. 水分の正しい飲み方
  108. アルコール 健康的な飲み方
  109. 健康寿命とSF
介護 1人暮らし