子供の毛が抜ける原因や病気をみつける

Home > 小さな命の症状 > 子供の髪の毛

子供の頭髪が抜ける原因

赤ちゃんを含む子供の髪の毛の生え方には、大きな個人差があります。 最初からフサフサした髪を持って生まれてくる子もいれば、毛の無い坊主頭で生まれる子もいます。 髪はあるけれど極度な細毛の子もいます。 スタートはどうあれ、ほとんどの場合、成長にしたがって活発に伸び生え揃ってくるのが髪の毛です。

しかし中には、髪の生え方が芳しくなかったり、 幼いうちから抜け毛に見舞われてしまう子供もいます。
そのような、子供の頭髪が抜け落ちるのにはどんな原因があるのでしょうか。

■ 子供の抜け毛は大人の影響?

大人の社会に蔓延し、なお止まることを知らない ストレス。ストレスで頭毛が抜けることがあるのは周知のことですが、抜けるのは大人だけではないようです。大人のストレスが子供の頭皮環境に影響を与えている可能性があります。明るい将来を迎えるため、親としては、できるかぎりの抜け毛対策を頑張りたいところです。

子供の抜け毛は大人の影響?

頭髪にはサイクルがあります。産声を上げた髪の毛がすくすく育って成長し、やがて寿命を迎え枯れていくのです。頭皮の上には、成長している毛髪と休止している毛髪が渾然一体と生えて並んでます。抜けていく髪の毛もありますが、それは休止期の毛髪で、1日あたり50〜100本くらいは抜けるのが普通とされてます。

大人と同じ様に、子供の毛髪も生活スタイルで左右されます。栄養不足や病気、それに強いストレスなどを受けると大量に抜けてしまい、頭皮が露出することもあります。大人と違う点は、子供の毛根は死滅しないこと。ほとんどの場合、抜けた髪の毛が回復していきます。

しかし、何事にも例外はあるもの。ほとんどの場合に当てはまらないケースが、頭部白癬(はくせん)という怖い病気です。頭部に親指の頭くらいの脱毛部ができます。その表面は乾燥しフケが付着しているように白っぽく見え、若干のかゆみを伴います。

頭部白癬の原因はカビ菌です。これはネコなどに住み着いている真菌が人の頭髪に感染して寄生して、発症すると、髪が抜け落ちて脱毛症に陥ります。感染の相手は、ペットだけと限りません。学校や人が集まる場所などで、人から人へ感染することもあります。

症状は円形脱毛症とそっくりですが、塗り薬で治そうとすると返って悪化します。重症になると回復することなく、脱毛状態が死ぬまで続くので注意が必要です。 普通の脱毛症と勘違いした親が、自力で治そうとして悪化を招くこともあります。ハゲを見つけたら、まずは病院へ行って、頭部白癬の治療薬を処方してもらいましょう。原因がペットの可能性が高いのなら、再発を防ぐために、こちらも獣医さんに診てもらいましょう。

子供だってストレス。円形脱毛症

今とくに増えていると言われるのが 円形脱毛症。この仕組みは、休止期の毛髪が増えてそれが一ヶ所に集中するから。一本一本の抜毛は目立たないのですが、円形に集中して毛髪が抜けるために、誰の目にも明らかです。原因はよくわかっていませんが、ストレス説が有力です。

一例です。とある科学者の孫にあたる小学生がいました。彼は祖母から「立派なおじいさんの孫にふさわしい東大へ入りなさい」と事あるごとに言われていたそうです。それが、大きなプレッシャーとなり全面ハゲになったという悲しい話もあります。

最近の説では、毛根の周りにあるリンパ球が何らかの原因で脱毛を引き起こす自己免疫疾患であるとも言われてます。その「なんらか」を知りたいのですが現代の技術ではブラックボックスのようです。ちなみに、円形脱毛症の治療のほうは進んでます。血行を良くする塗り薬を塗布すれば、3〜6ヶ月で徐々に毛が生えてくるそうです。

精神状態悪化の延長かも

世の中には、抜毛癖(ばつもうへき)と呼ばれる悪癖があります。これは頭髪、眉毛、まつ毛などを抜く癖のことで、解消されなければ毛根がなくなり最終的に脱毛症を起す危険があります。抜く位置は主に利き手側であり、円形脱毛症に比べると、頭皮露出はっきりしたものではありません。抜毛癖は、欲求不満のはけ口として無意識に抜くのが原因。治療方法は、とくにありません。

前述の抜毛癖や円形脱毛症は、ストレスが深く関係しています。掃除のときにやたらと髪の毛を見つけるようならば、一度子供の精神状態に向き合ってあげてください。叱るのは逆効果、かえってストレスが増すだけです。

現代は、子供社会のストレスも並大抵ではなさそうです。ある小説に「学校と言う格差社会」という一節がありました。大人の理屈が通用しない社会がそこにあることを思い起こしてください。いじめや受験、友達やクラスメートとの人間関係、家庭での人間関係などに目をやって、子供目線でコミュニケーションをとってあげましょう。

ストレスを克服して子供らしいフサフサの髪を取り戻す。上手く乗り越える経験があれば、自信がつくものです。いつか何かの困難に直面した時に、この成功体験が糧になり、たくましく生きていくきっかけになるかもしれません。

やはり普段が大切

大人の抜毛の原因は、ストレス・食生活・睡眠不足・病気などが上げられます。身体の小さな子供の場合、大人以上にこうした影響を受けるはずです。食生活や生活習慣、それに頭皮ケアも大切にしていきたいものです。

食生活としては、インスタント食品やお菓子の増加が挙げられます。タンパク質、亜鉛、銅、各種ビタミンといった、とくに健康のため必要な栄養素は、もちろん子供にも必要です。肉、魚、ゴマ、海藻、イカ、納豆などを含むバランスのとれた食事を心がけてください。

睡眠不足も深刻です。人間は年令が上がるほど睡眠時間が少なくなる傾向がありますが、子供の適正な睡眠時間はおよそ半日に及びます。

 4〜 6歳  10〜13時間
 6〜12歳  10〜11時間

最低ラインの10時間を目指すとして、起床が7時であれば、前夜9時までには寝ている必用があります。塾通いで十分に睡眠がとれないという話を聞いたことがありますが、良質な睡眠がとれるように調整してあげたいものです。ゲームに夢中になっての睡眠不足は言語道断です。

運動も成長には欠かせないファクターです。これも、ゲーム三昧で運動不足にならないよう、気をつけておいてください。

最後に頭皮のケアです。シャンプーで頭皮を清潔に保ち、頭皮マッサージやパッティングで刺激、スカルプローションで栄養を与えましょう。頭皮もストレスも無理ないケアが、健康な頭皮を招き入れます。根気強く続けていくことが大切ですね。

カラダの悩みや症状

サイドメニュー

  1. Home
  2. ● 頭・顔の症状
  3. 頭痛
  4. 鼻血
  5. めまい
  6. 脳血栓の前触れ
  7. 頭がかゆい
  8. 頭のかさぶた
  9. 毛が抜ける
  10. 髪が抜ける病気
  11. 喉が渇く症状
  12. 喉の違和感
  13. 喉が腫れる
  14. 目のアレルギー
  15. 目の痛み
  16. PC・スマホの害
  17. スマホで失明
  18. 難聴の原因と対策
  19. 耳が詰まった感じ
  20. 首が痛い
  21. あごの痛み
  22. 首が痛い
  23. ● 胸・お腹の症状
  24. 息苦しい
  25. 呼吸が苦しい
  26. 吐き気
  27. 吐き気と頭痛・めまい
  28. 胸の痛み
  29. 吐血と喀血
  30. 腹痛
  31. お腹が張る
  32. 動悸の症状
  33. 背中が痛い
  34. 下腹部の痛み
  35. 腰痛について
  36. 左右横腹が痛い
  37. 胃痛と吐き気
  38. ● 身体全体の症状
  39. あくび
  40. てんかん
  41. だるい
  42. むくみ
  43. たちくらみの症状と対策
  44. 朝おきられない
  45. 貧血の原因と症状
  46. 痩せる
  47. 体重減少
  48. 糖尿になった
  49. 太り過ぎの病気
  50. 微熱
  51. イライラ
  52. 遺伝する病気
  53. かゆみ
  54. ヒリヒリ痛む
  55. 身体がふるえる
  56. 体がくさい
  57. 尿の色と匂い
  58. 血尿と尿ガン
  59. ● 生活の中で
  60. 疲れ
  61. 眠気
  62. 食欲不振
  63. 背中がかゆい
  64. 筋肉痛
  65. 肩こりは難病か
  66. 関節の痛み
  67. 手足のしびれ
  68. 膝の痛み
  69. 膝立ちでの痛み
  70. 足と膝の痛み
  71. 足の裏の痛み
  72. 足のむくみ
  73. 腰の痛みと対策
  74. 季節の症状
  75. 痛みで眠れないときに
  76. 頻尿を改善したい
  77. 手が腫れる
  78. ガンの見つけ方
  79. 痛いイボ痔対策
  80. ● 小さな命の症状
  81. 子供の頭痛
  82. 子供の髪の毛
  83. 子供のめまい
  84. 子供の足の痛み
  85. 子供の微熱
  86. 子供のノド
  87. 子供の胃腸炎
  88. 子供のおちんちん
  89. 子供の感染症
  90. 赤ちゃんのむくみ
  91. ● 女性特有
  92. 陰部が痛い
  93. 陰部がかゆい
  94. 乳房が痛い
  95. 下腹部が痛い
  96. ●健康へ向けて
  97. 栄養を摂る食べ物
  98. 身体を動かすこと
  99. 健康呼吸法
  100. 病気のダイエット
  101. おいしい食べ物
  102. 玄米酵素の炊き方
  103. 健康対策のアイテム
  104. サプリメントと健康食品
  105. 便秘に悩んだとき
  106. 疲れをとるサプリ
  107. 水分の正しい飲み方
  108. アルコール 健康的な飲み方
  109. 健康寿命とSF
介護 1人暮らし