身体全体の症状(むくみ)の原因や病気について

Home > 身体全体の症状 > むくみ

むくみ・むくむ症状と原因

「むくみ」とは身体の一部が膨れ上がって、なんとなく重く太くなってしまう症状をいいます。 浮腫んだ経験のない人もいるかもしれませんが、浮腫み易い人はどこにでもいて、 それほどめずらしい症状ではありません。 浮腫みを意識しない人でも、午後になると足が太くなることはないでしょうか。 出勤時にはゆうゆう履けた靴なのに、帰りに履くときつく感じて、 クツが入りにくくなったりすることも、むくみの症状です。

多くの人が感じている「むくみ」。
原因はどこにあるのでしょうか。

■ 体内的な むくみ症状と原因

血液中の水分が血管やリンパ管の外にしみだして 手足や顔の皮膚の下に溜まった状態のことを「むくみ」と称します。 「むくみ」は、体中いたるところで起こり得るものですが、目に付きやすいたことから、 手や顔や足にだけおこるというイメージがあるかもしれません。 医学の言葉では「むくみ」を「浮腫(ふしゅ)」と呼びます。 これを受けて、「浮腫み(むくみ)」と読むことが一般的になってます。

 顔のむくみ
  朝起きがけで鏡を見たとき、目や頬、顎のラインが大きめ
 足のむくみ
  靴やブーツを履いたときなど、脚や ふくらはぎ が窮屈

身体の細胞は、養分を取り入れて活動していますが、 「むくみ」が起こると、養分の取り入れがうまくいかなくなります。 老廃物の排出する動きのほうも低下します。 細胞が欲しがっている栄養は入りにくく、排出したいモノが出て行かなくなるんですね。 また、一度でも「むくみ」がおこると、むくみ やすい体へと変化してしまいます。 むくみは、慢性化しやすいので、 十分に気をつける必要があるのです。

むくみを一言でいい表すなら 「体内の組織など血管の外に、余分な水分(血しょう成分)が溜まった状態」です。 血しょう成分とは、血液の液体部分のこと。 血液が運んできた栄養分や酸素を、腎臓や肺などの組織に運ぶ働きを持っています。 「血しょう成分」は、役割を果たすと血液に戻っていきます。 しかし、この仕組みがうまく機能しないと、余分な水分が溜まる(むくむ)のです。

ではなぜ「余計な水分が溜まる」。つまり「むくむ」のでしょうか?

人間の身体には、動脈と静脈の二つの血管とリンパ管が、全身を巡るように張り巡らされています。 心臓からの行きと帰りで、それぞれ重要な役割を担ってるのが「血しょう成分」です。

行き(動脈)
 細胞間の細胞間液となって、細胞に酸素や栄養を届ける

帰り(静脈)
 細胞で使われた二酸化炭素や老廃物を回収。  血液の「血しょう成分」となって、静脈やリンパ管を通って心臓に戻る

血液が帰るときに静脈の働きが悪いと、通常よりも多くの「血しょう成分」がリンパ側に送られる ために、リンパ側で受け入れる量が増えます。 動きの悪い静脈は詰まりますし、リンパの方もリンパ液がスムーズに流れなくなります。 「血しょう成分」が血管に戻らないまま、細胞と細胞の間に残って溜まってしまうのですね。 こうした状態を「むくみ」と呼んでいるのです。

■ むくみの原因

むくみの原因を大きく分けると2つに分かれます。 「一時的なもの」と「病気が関与するもの」です。

ほとんどの方が経験しているのは「一時的なむくみ」のほうです。 原因は、1日中同じ姿勢を続ける仕事などにあります。接客やレジなどの立ち仕事が多い人。 1日中デスクに向かってパソコンに向かう仕事。 などなど、とにかく同じ姿勢を長時間続けると、むくみが起きます。

下部に滞留した水分が、血液の流れを邪魔してしまうことで、 酷使した筋肉が疲れや汚れた血液を心臓に戻す力が弱くなっていく。 そうした悪循環から、むくみを招いているのです。よくある原因は次のとおりです。

・塩分のとりすぎ
 液体は濃度の濃いほうに引かれます。インスタント食品などを食べ過ぎると、 体内の塩分濃度が高くなります。塩分の影響で細胞の浸透現象を起こして、 血管の外に水が染み出すことでむくみの原因となります。

・同じ姿勢を長時間続けること
 座りっぱなし、立ちっぱなしなど、同じ姿勢を続けると、  水が動かずに一定のところに溜まってしまいます。夕方の足がむくむのは、  重力の影響で水が足のほうにたまってくるからです。

・冷えや血行不良など
 冷えは、血流を悪くします。筋肉の疲れやストレスなどによる筋肉の緊張は、  血行不良を引き起こします。冷え性が常態化するとむくみの改善が難しくなります。

・新陳代謝の低下
 運動が不足してくると、筋力が下がるとともに筋肉の量も低下します。  そうすると基礎代謝も下がるので、新陳代謝が悪くなるという悪循環が起こします。

・ホルモンの影響
 女性の場合、ホルモン濃度の関係でむくむ人が多いくなります。  時期は、生理が始まる前の一週間ぐらいといわれます

・ビタミンやミネラルの不足
 どれが不足しても影響はあるのですが、カリウム・カルシウム・マグネシウムなどの不足は、  特にむくみに影響してきます。


男性と比べて女性の身体は、筋肉量そのものが少ないとされています。 基礎代謝が少ないうえ、足からの血流、心臓に戻ってきにくい身体つきをしているのです。 また、過剰なダイエットを続けた結果、複合的な原因でむくみを起こしやすくなります。 そうしたことから、男性に比べて、女性のほうが脚のむくみが多い傾向があります。

「女性はむくみやすい」と言いましたが、とくに妊婦さんは、節目ごとに浮腫みがおこりやすくなってます。 妊娠の初期の6週目とか7週目とか、安定期に入った6ヶ月目とか、もうすぐ生まれる99ヶ月目とか。 赤ちゃんの成長につれて、妊婦は身体が動きにくくなっていきます。 体質の変化もあって、節目節目で、むくみになりやすくなります。

問題は、病気を原因としたむくみです。 むくみが症状となって現れる病気は、私たちが思っているよりも多いものです。 顔や下半身、足のむくみがなかなか解消されずに長引いったり、むくみ以外の症状がある場合は、 腎臓や心臓、甲状腺の病気などが関連している可能性があります。 そのほかにも、心臓病、腎臓病などの病気によるむくみ。薬の影響でむくむケースがあります。
(むくみは生まれたばかりの赤ちゃんにも、おこります。 多くは内臓機能の発達の不十分が原因ですが、病気ということもあり、区別が難しくなります)

むくみで考えられる病気の一覧

腎性浮腫
 顔・手足のむくみ、尿が出にくい
 →ネフローゼ症候群
 血圧の上昇、血尿
 →急性糸球体腎炎
 とくに下肢のむくみ、労作時の息切れ、胸苦しい
 →糖尿病性腎症

心性浮腫
 足を中心とするむくみ、夕方強くなる、呼吸困難
 →慢性心不全、肺性心
肝性浮腫
 多くは下肢のむくみ、腹痛、腹水、黄疸、手掌紅斑、意識障害
 →肝硬変
内分泌性浮腫
 眼のまわり・顔・手足のむくみ、汗をかかない、寒がり
 →甲状腺機能低下症
 顔がむくんで赤ら顔、手足が細くなる、おなかは太る
 →クッシング症候群

栄養障害性浮腫
 顔・下肢・全身のむくみ、腹痛、下痢、吐き気・嘔吐
 →メネトリエ病、蛋白漏出性胃腸症
 手足のむくみ・しびれ感、動悸、筋力低下、脚気心
 →ビタミンB1欠乏症

静脈性浮腫
 足の静脈の怒張、立位での足のだるさ・重量感・痛み、むくみ
 →静脈瘤
 頭・まぶた・腕のむくみ
 →上大静脈症候群

リンパ性浮腫
 夕方の足・かかと・手の甲のむくみ、皮膚の硬化
 →リンパ浮腫

その他
 →特発性浮腫、月経前緊張症、妊娠高血圧症候群、悪性腫瘍など

むくみの解消法とむくみに効く食べ物

■ むくみに対する一般的な解消法
1 マッサージでほぐす
2 お風呂などでよく暖める
3 一定の姿勢をとらないでこまめに体を動かす
4 顔のむくみには冷水・温水で交互に顔を洗うなど血行を改善する
5 運動をして筋肉、基礎代謝を上げる
6 食事改善でビタミン、ミネラルをきちんと取る

■ むくみに効果のある食べ物
むくみに効果のある食べ物は、利尿作用のあるもの・カリウムを多く含むもの・ ビタミンB1を多く含むものとされています。 生理前にむくむ女性には「ビタミンB6」が有効といわれています。

1.利尿作用のあるウリ科の食べ物
   すいか
   きゅうり
   冬瓜など

2.カリウムを多く含む食べ物
   バナナ
   りんご
   昆布など

3.ビタミンB1を多く含む食べ物
   豚肉
   豆腐
   小豆
   かぼちゃなど

「あずき」は、昔からむくみに効果的と言われていました。 経験から伝わったことなのでしょうが、現代になって、 利尿作用のあるサポニンが多く含まれていることがわかってきました。 昔の人の知恵は、得るものが大きいですね。

カラダの悩みや症状

サイドメニュー

  1. Home
  2. ● 頭・顔の症状
  3. 頭痛
  4. 鼻血
  5. めまい
  6. 脳血栓の前触れ
  7. 頭がかゆい
  8. 頭のかさぶた
  9. 毛が抜ける
  10. 髪が抜ける病気
  11. 喉が渇く症状
  12. 喉の違和感
  13. 喉が腫れる
  14. 目のアレルギー
  15. 目の痛み
  16. PC・スマホの害
  17. スマホで失明
  18. 難聴の原因と対策
  19. 耳が詰まった感じ
  20. あごの痛み
  21. 首が痛い
  22. ● 胸・お腹の症状
  23. 息苦しい
  24. 呼吸が苦しい
  25. 吐き気
  26. 吐き気と頭痛・めまい
  27. 胸の痛み
  28. 吐血と喀血
  29. 腹痛
  30. お腹が張る
  31. 動悸の症状
  32. 背中が痛い
  33. 下腹部の痛み
  34. 腰痛について
  35. 左右横腹が痛い
  36. 胃痛と吐き気
  37. ● 身体全体の症状
  38. あくび
  39. てんかん
  40. だるい
  41. むくみ
  42. 貧血の原因と症状
  43. たちくらみの症状と対策
  44. 朝おきられない
  45. 痩せる
  46. 体重減少
  47. 太り過ぎの病気
  48. 糖尿になった
  49. 微熱
  50. イライラ
  51. 遺伝する病気
  52. かゆみ
  53. ヒリヒリ痛む
  54. 身体がふるえる
  55. 体がくさい
  56. 尿の色と匂い
  57. 血尿と尿ガン
  58. ● 生活の中で
  59. 疲れ
  60. 眠気
  61. 食欲不振
  62. 背中がかゆい
  63. 筋肉痛
  64. 肩こりは難病か
  65. 関節の痛み
  66. 手足のしびれ
  67. 膝の痛み
  68. 膝立ちでの痛み
  69. 足と膝の痛み
  70. 足の裏の痛み
  71. 足のむくみ
  72. 腰の痛みと対策
  73. 季節の症状
  74. 痛みで眠れないときに
  75. 頻尿を改善したい
  76. 手が腫れる
  77. ガンの見つけ方
  78. 痛いイボ痔対策
  79. ● 小さな命の症状
  80. 子供の頭痛
  81. 子供の髪の毛
  82. 子供のめまい
  83. 子供の足の痛み
  84. 子供の微熱
  85. 子供のノド
  86. 子供の胃腸炎
  87. 子供のおちんちん
  88. 子供の感染症
  89. 赤ちゃんのむくみ
  90. ● 女性特有
  91. 陰部が痛い
  92. 陰部がかゆい
  93. 乳房が痛い
  94. 下腹部が痛い
  95. ●健康へ向けて
  96. 栄養を摂る食べ物
  97. 身体を動かすこと
  98. 健康呼吸法
  99. 病気のダイエット
  100. おいしい食べ物
  101. 玄米酵素の炊き方
  102. 健康対策のアイテム
  103. サプリメントと健康食品
  104. 便秘に悩んだとき
  105. 疲れをとるサプリ
  106. 水分の正しい飲み方
  107. アルコール 健康的な飲み方
  108. 健康寿命とSF
介護 1人暮らし