身体全体が「だるい」症状の病気やその原因

Home > 身体全体の症状 > だるい

だるい・だるさの症状と原因

「だるい」が口癖になっている大人はたくさんいます。「大人」といっても年令に幅がありますが、高齢になるほど、ダルさが当たり前になっていく傾向があります。

だるさだけでなく「体調が優れない状態」になる病気はたくさんあります。 熱が出る・咳がでる・痒い・痛いなどという風に、なんらかの異常や病気が身体に異変をもたらすのです。 「だるい」「だるさ」などもよくある症状ですが、病気のときのだるさと、単に疲れたときのだるさは、一線を画します。

だるいのなぜ?

なんとなく気分がすぐれない、だるい、気力が失われた、疲れやすい。 どれもこれも、私たちが感じたことのある漠然とした症状です。 このうち「だるさ」「疲れやすい」となる原因の大部分は、日常生活の過労やストレスではないでしょうか。 その証拠に、しっかり睡眠がとれて心身の骨休めを心がければ、いつのまにか元気に回復しているものです。

とは言っても、ほんの1〜2日休んだくらいの短い休日では、完全回復しないこともあります。
カンタンに抜けないだるさが続くときは、過労やストレスだけではなく、 何か別の病気にかかっているのが原因かもしれません。 「いつもと違う」と感じたのなら、それは、普段の疲れとは別である可能性があるのです。

でもそんな「ダルさの違い」に気付くには、注意を向けていないと、なかなか難しいものです。 普段の疲れとの差異が小さいために、つい見過ごしてしまってるのも仕方のないところです。

睡眠不足や仕事での過労や、環境変化などでのストレス、食事の偏りによる栄養不足。 またはダイエットのしすぎや、酒の飲みすぎなど。 こうした、通常の生活サイクルからの「だるさ」の原因は、その人自身が作ってしまっていることがあります。 ならば、だるくなっている理由を自分自身で認識していれば、自力で回復することも可能でしょう。

基本的には、心や身体の体力を回復さえすれば「だるさ」は無くなるものです。 自己管理で改善できるのであれば、早い時期に、生活サイクルそのものを見直してください。 改善が、あなた個人だけでは難しいのであれば、迷わず、周囲に相談するといった対策もあります。

痛みや発熱などと同様に、「だるい」のは、体が発している警告のひとつです。 休養で回復しないときや、または休養そのものが難しいときには、病院で診断を受けるのがいいでしょう。 もしも、 身体をじっくり休ませても「だるさ」が続くようなら、病気を抱えている可能性があります。 朝起きるのがつらくて寝起きからだるい場合も同様です。

だるい病気

だるさ・疲れやすさ。こうした症状が、メインとなる病気は、いろいろあります。 多くのケースでは、だるさだけでなく他の症状もともないます。 下のような場合には、とくに注意を要します。

 発熱や発汗をともなう
 長く続いている
 むくみをともなう
 皮膚の色がおかしい
 原因が思い当たらない
 便や尿の様子がいつもと違う

「だるさ」が原因となる主な病気には、次のようなものがあります。

■ 貧血
だるさ、疲れやすさ、気力がわかない、むくみ、息切れ、動悸、顔が青白いなどの症状をともないます。 軽い鉄欠乏性貧血などなら心配はいりませんが、重症の場合もありますから、 きちんと診察を受けましょう。 目安は、階段を登るとき、途中で休まないと登り切れなくなったときです。

■ 糖尿病
全身の倦怠感、尿の量と回数が増える、やたらにのどが渇いて水やお茶などを多く飲む、 皮膚がかゆい、化膿しやすい。こうした症状を伴うなら、糖尿病が疑われます。 いまや年齢に無関係の国民病です。

■ 急性腎炎
だるいだけでなく「むくみ」が伴うときは、急性腎炎の危険があります。 起床時などに、顔(まぶた)がむくんでませんか。タンパク尿・血尿などが出たりすると、 疑いは濃厚となります。

■ 急性肝炎
強いだるさが急に発症し、食欲不振、吐き気、悪寒、発熱などの症状が続きます。 その状態に「黄疸」が加わった場合は急性肝炎が疑われます。

■ 軽いうつ病
とくに朝の気力がわかない、気が滅入る、何となく不安がつのる、何をしても興味がわかない、 眠れない、食欲や性欲が減退する。こうした症状がある場合には、軽いうつ病が疑われます。 軽いうちなので、正しい治療を受ければ早く治ります。気軽に精神神経科へ行ってください。

■ 自律神経
自律神経のバランスの乱れによって眠りが浅くなっていることがあります。 これが行き過ぎると「不眠症」となります。自律神経失調症の症状にはとても多い症状です。 副交感神経の機能が低下するため、眠ることが困難になります。 つまり眠る時間帯に興奮して疲れ、起きている時間帯には心身ともに緩んでだるくなるのです。 昼夜逆転して、昼に眠たくなり夜は目がさえるようなことも起きます。 対策の1番は、交感神経の興奮を抑えることです。

だるさの新しい病気

血液検査や精密検査をしても異常が見つからない。でも、だるさや疲れやすさがひどく、長く続く。 こうした場合は「慢性疲労症候群」という病気が疑われます。

「慢性疲労症候群」は新しい病気です。検査では異常が見つからないため、 「何でもない」とか「単なる怠け」「疲れが溜まっているだけ」と診断されがちです。 なんでもないどころか、本人にとっては、とても仕事などできる状態ではない場合が多いものです。

「慢性疲労症候群」の随伴症状は次のとおり。

微熱
のどの腫れ
のどの痛み
首のリンパ節の腫れ
不眠
頭痛
物忘れ
集中力の低下
筋肉の痛み

とにかく症状が多彩なのが特徴といえば特徴です。診断のできる病院を選んで、 根気良く対症療法を続けることが必要です。 そうした対処療法は、むしろ東洋医学が得意とする分野かもしれません。

「だるさ」は納得してもらえない?
「だるさ」という症状は外からは分かってもらいにくいのが難点です。 原因が病気であっても、本人がその自覚を持っていないこともあります。 あまりにも頑張っている人が周囲にいたなら、無理をさせないこと。 大きな病気に発展させないための最良の方法です。

カラダの悩みや症状

サイドメニュー

  1. Home
  2. ● 頭・顔の症状
  3. 頭痛
  4. 顔色が黒い
  5. 鼻血
  6. めまい
  7. 脳血栓の前触れ
  8. 頭がかゆい
  9. 頭のかさぶた
  10. 毛が抜ける
  11. 髪が抜ける病気
  12. 喉が渇く症状
  13. 喉の違和感
  14. 喉が腫れる
  15. 目のアレルギー
  16. 目の痛み
  17. PC・スマホの害
  18. スマホで失明
  19. 難聴の原因と対策
  20. 耳が詰まった感じ
  21. あごの痛み
  22. 首が痛い
  23. ● 胸・お腹の症状
  24. 息苦しい
  25. 呼吸が苦しい
  26. 吐き気
  27. 吐き気と頭痛・めまい
  28. 胸の痛み
  29. 吐血と喀血
  30. 腹痛
  31. お腹が張る
  32. 動悸の症状
  33. 背中が痛い
  34. 下腹部の痛み
  35. 腰痛について
  36. 左右横腹が痛い
  37. 胃痛と吐き気
  38. ● 身体全体の症状
  39. あくび
  40. てんかん
  41. だるい
  42. むくみ
  43. 貧血の原因と症状
  44. たちくらみの症状と対策
  45. 朝おきられない
  46. 痩せる
  47. 体重減少
  48. 太り過ぎの病気
  49. 糖尿になった
  50. 微熱
  51. イライラ
  52. 遺伝する病気
  53. かゆみ
  54. ヒリヒリ痛む
  55. 身体がふるえる
  56. 体がくさい
  57. 尿の色と匂い
  58. 血尿と尿ガン
  59. ● 生活の中で
  60. 疲れ
  61. 眠気
  62. 食欲不振
  63. 背中がかゆい
  64. 筋肉痛
  65. 肩こりは難病か
  66. 関節の痛み
  67. 手足のしびれ
  68. 膝の痛み
  69. 膝立ちでの痛み
  70. 足と膝の痛み
  71. 足の裏の痛み
  72. 足のむくみ
  73. 腰の痛みと対策
  74. 季節の症状
  75. 痛みで眠れないときに
  76. 頻尿を改善したい
  77. 手が腫れる
  78. ガンの見つけ方
  79. 痛いイボ痔対策
  80. ● 小さな命の症状
  81. 子供の頭痛
  82. 子供の髪の毛
  83. 子供のめまい
  84. 子供の足の痛み
  85. 子供の微熱
  86. 子供のノド
  87. 子供の胃腸炎
  88. 子供のおちんちん
  89. 子供の感染症
  90. 赤ちゃんのむくみ
  91. ● 女性特有
  92. 陰部が痛い
  93. 陰部がかゆい
  94. 乳房が痛い
  95. 下腹部が痛い
  96. ●健康へ向けて
  97. 栄養を摂る食べ物
  98. 身体を動かすこと
  99. 健康呼吸法
  100. 病気のダイエット
  101. おいしい食べ物
  102. 玄米酵素の炊き方
  103. 健康対策のアイテム
  104. サプリメントと健康食品
  105. 便秘に悩んだとき
  106. 疲れをとるサプリ
  107. 水分の正しい飲み方
  108. アルコール 健康的な飲み方
  109. 健康寿命とSF
介護 1人暮らし