胃痛と吐き気 病気やその原因について

Home > 胸・お腹の痛み > 胃痛と吐き気

胃痛と吐き気の症状

突然ですが、胃が痛かったり、もたれたりしてませんか。 このページでは、重かったりむかついたり、吐き気がするなどの症状について お話しすることにします。

日本人は、他国の人に比べて胃腸の弱い人種と言われてます。 胃腸は、人の健康を維持するにあたりとても大切な臓器であり、同時に敏感な内蔵です。

食べたモノに対する反応だけでなく、精神的な同様も敏感に感じ分ける洞察力は、単なる臓器にしておくにはもったいないほど高性能です。胃が発する数々のシグナルに早めに応えておくことで、毎日の生活がかなり健康的に送れると思われます。

■ 胃腸は目より物申す!

食生活の乱れに敏感に反応してしまう胃腸は、数ある臓器でも、もっとも素直な臓器だといえます。 不規則になったり精神的なストレスがたまたったりすれば、すぐさまムカムカ・ピリピリしてくる胃腸。 沈黙が不得意で、まるで顔と同じぐらい健康状態や感情を表現してきます。

胃や胃のまわりが痛い感じ方には、いくつかタイプがあります。キリキリとか鈍いとか、ズキズキとか、 いろいろな痛み方があるのです。「下痢をしたり」など、痛み意外の症状が伴うこともよくあります。 そのうちの、吐き気がおこるときの病気には次のようなものがあります。

胃痛と吐き気が同時におこる病気

 虫垂炎
 急性腹膜炎
 慢性腹膜炎
 急性膵炎
 慢性膵炎
 A型急性肝炎
 B型急性肝炎
 C型急性肝炎
 胆石症
 胆のう炎・胆管炎
 尿路結石

それぞれ、順を追って説明していきます。

痛み吐き気・ほかの症状

・虫垂炎
一般的には盲腸と呼ばれている病気です。虫垂炎を発症すると、初めはみぞおちから痛みだして、 腹部の右下へと痛みが移っていきます。みぞおちが痛くなっているのですが、 実感としては胃のあたりが痛いと思うことがよくあります。吐き気や発熱の他に、 便が詰まることもあります。

古くから確認されている病気にもかかわらず、虫垂炎の原因はいまだ完全には解明されていないために、 予防が困難です。直接の原因となるのは、糞便・異物・リンパ組織の過形成などです。 また、腫瘍などで虫垂の入り目がふさがったり狭くなることがきっかけになることもあります。 治療には切除と投薬療法があり、現代では切除よりも投薬療法が主流となっています。

・急性腹膜炎(きゅうせいふくまくえん)
腹膜とは、腹腔内をおおっている膜のこと。腹腔内は本来であれば無菌なのですが、 細菌感染や物理的・化学的刺激によって、炎症が起こって腹膜炎となります。 急性腹膜炎は2種類あります。腹膜全体に炎症が広がる「急性汎発性腹膜炎(はんぱつせいふくまくえん)」 と、腹膜の一部にうみがたまる「限局性腹膜炎(げんきょくせいふくまくえん)です。 前者は、生命に関わる重症になる可能性があります。

症状としては急激な腹痛が突然に起こり、吐き気・嘔吐・発熱・頻脈(ひんみゃく)が加わります。 病気が進行してしまうと、脱水やショック状態になることもあります。原因にもよるのですが、 危険な病気である一方、早期に治療すれば良好な回復が望めます。 夜間であっても、ガマンすることなく119番するなどの緊急な治療をオススメします。

・慢性腹膜炎
急性腹膜炎と比べると、症状はあまりひどくありません。反面なおりが悪くて経過が長くなりがちです。 慢性腹膜炎にも種類がありますが、ほとんどは結核性腹膜炎です。 結核性腹膜炎は、腹膜は結核菌が感染することで発病します。 化学療法の進歩によって激減はしていますが油断は禁物、近年いなって増加傾向の兆しがあるので、 注意が必要です。

名前は「腹膜炎」ですが、最初の発症部位が腹膜というのはまれ。 多くの場合、肺結核や結核性胸膜炎などを発症いてから、体内伝染して発病にいたります。

症状としては、お腹がはった感じ・腹痛・腹水がでます。腹痛は軽度ですが長期にわたり、 腹部全体に圧痛を感じます。腹水は、病気の初期からしばしば現れます。 また、微熱・食欲不振を招き、全身がだるくなったりします。

・急性膵炎(すいえん)
膵臓(すいぞう)は、あまり目立たないですが重要でな臓器です。 たん白分解酵素や食べ物を消化・分解する、いろいろな酵素をつくっては分泌しています。 急性膵炎というのは、自らつくった膵酵素(すいこうそ)のが活性化され、 その影響で膵臓自身が消化されるもの。膵臓だけでなく周辺の主要な臓器に炎症や障害が起こる病気です。

急性膵炎を患うケースのうち最も多い原因はアルコールで、次が、胆石と原因不明の特発性などとなってます。 ほかにも、検査でおこなう内視鏡的膵胆管造影や、手術後・特殊な薬剤・ 血液中の中性脂肪が高い脂質異常症よっても引き起こされることがあります。

よくある症状は、腹部の上に感じる痛み。具体的にはみぞおちからお腹の左上あたりで、 背部まで広がることもあります。痛み意外では、吐き気・嘔吐・腹部膨満感・食欲不振・ 発熱などがおこります。基本となる治療は絶飲絶食。飲むことも食べることも禁止です。 初期の段階では膵臓を安静にしつつ輸液を十分におこないます。

・慢性膵炎(すいえん)
慢性膵炎とは、持続性の炎症によって膵臓の細胞が破壊され、脱落と線維化が引き起こされる病気です。 継続的なアルコールとり過ぎが主な原因です。線維化とは、 膵臓の細胞が壊れて線維が増えて硬くなる状態のこと。多くの場合、 こうした変化を起した細胞を元に戻すことは不可能です。

慢性膵炎の主な原因はアルコール。急性膵炎と同様ですね。次いで特発性や胆石などが続きます。

慢性膵炎の症状は、お腹上部の痛み・腰背部痛などです。こうした痛みは持続性するタイプが多いのですが、 時々しか痛みが生じないこともあります。つまり個人差が大きく、程度も軽度なものから高度のものまでさまざまです。 そのほかには、吐き気・嘔吐・食欲不振・腹部膨満感(ぼうまんかん)などの症状もあります。

・A型急性肝炎
初期にはかぜによく似た症状があります。38℃以上の発熱がおこり、体だるい、食欲がない、吐き気、嘔吐、腹痛、下痢などがおこるのです。他のウイルス肝炎よりも、こうした自覚症状が強いというのも特徴です。 こうした症状から約1週間後には黄疸が現れます。茶褐色の尿や白っぽい便が出ることもあります。

原因は、A型肝炎ウイルス(HAV)に経口感染です。ウイルスは、主に肝臓で増殖して肝炎を起こします。 致死的となる劇症肝炎にならなければ慢性化せず、二度と発病しません。 潜伏期間は、ウイルス感染から約1カ月です。

食後に胃痛を感じてないでしょうか。肉や魚などの重いもの。 辛い刺激物などを食べると胃が痛くなることはありませんか。 言うまでもないですが、胃腸に何らかの負担がかかっている証拠です。 もしかすると胃の内部が荒れていたり、すでにポリープのようなものがプツっと出来ている可能性もあります。 軽い潰瘍や治りかけのピロリ菌なら、市販の胃薬で回復することもできます。(ちなみに「明治R-1」でピロリ菌を完治させた口です)。ただし、欠かせないのは睡眠です。7時間はとりましょう。それと睡眠の2時間前には何も食べないことです。

カラダの悩みや症状

サイドメニュー

  1. Home
  2. ● 頭・顔の症状
  3. 頭痛
  4. 鼻血
  5. めまい
  6. 脳血栓の前触れ
  7. 頭がかゆい
  8. 頭のかさぶた
  9. 毛が抜ける
  10. 髪が抜ける病気
  11. 喉が渇く症状
  12. 喉の違和感
  13. 喉が腫れる
  14. 目のアレルギー
  15. 目の痛み
  16. PC・スマホの害
  17. スマホで失明
  18. 難聴の原因と対策
  19. 耳が詰まった感じ
  20. あごの痛み
  21. 首が痛い
  22. ● 胸・お腹の症状
  23. 息苦しい
  24. 呼吸が苦しい
  25. 吐き気
  26. 吐き気と頭痛・めまい
  27. 胸の痛み
  28. 吐血と喀血
  29. 腹痛
  30. お腹が張る
  31. 動悸の症状
  32. 背中が痛い
  33. 下腹部の痛み
  34. 腰痛について
  35. 左右横腹が痛い
  36. 胃痛と吐き気
  37. ● 身体全体の症状
  38. あくび
  39. てんかん
  40. だるい
  41. むくみ
  42. 貧血の原因と症状
  43. たちくらみの症状と対策
  44. 朝おきられない
  45. 痩せる
  46. 体重減少
  47. 太り過ぎの病気
  48. 糖尿になった
  49. 微熱
  50. イライラ
  51. 遺伝する病気
  52. かゆみ
  53. ヒリヒリ痛む
  54. 身体がふるえる
  55. 体がくさい
  56. 尿の色と匂い
  57. 血尿と尿ガン
  58. ● 生活の中で
  59. 疲れ
  60. 眠気
  61. 食欲不振
  62. 背中がかゆい
  63. 筋肉痛
  64. 肩こりは難病か
  65. 関節の痛み
  66. 手足のしびれ
  67. 膝の痛み
  68. 膝立ちでの痛み
  69. 足と膝の痛み
  70. 足の裏の痛み
  71. 足のむくみ
  72. 腰の痛みと対策
  73. 季節の症状
  74. 痛みで眠れないときに
  75. 頻尿を改善したい
  76. 手が腫れる
  77. ガンの見つけ方
  78. 痛いイボ痔対策
  79. ● 小さな命の症状
  80. 子供の頭痛
  81. 子供の髪の毛
  82. 子供のめまい
  83. 子供の足の痛み
  84. 子供の微熱
  85. 子供のノド
  86. 子供の胃腸炎
  87. 子供のおちんちん
  88. 子供の感染症
  89. 赤ちゃんのむくみ
  90. ● 女性特有
  91. 陰部が痛い
  92. 陰部がかゆい
  93. 乳房が痛い
  94. 下腹部が痛い
  95. ●健康へ向けて
  96. 栄養を摂る食べ物
  97. 身体を動かすこと
  98. 健康呼吸法
  99. 病気のダイエット
  100. おいしい食べ物
  101. 玄米酵素の炊き方
  102. 健康対策のアイテム
  103. サプリメントと健康食品
  104. 便秘に悩んだとき
  105. 疲れをとるサプリ
  106. 水分の正しい飲み方
  107. アルコール 健康的な飲み方
  108. 健康寿命とSF
介護 1人暮らし