呼吸が苦しい病気とその原因

Home > 胸・お腹の痛み > 呼吸が苦しい原因

呼吸ができなくなる症状とは

息が苦しい・呼吸するのがツライ。こうしたことは、やや過激な運動をすれば健康な人であっても普通に起こるものです。ランニングやマラソンのような走るスポーツ。サッカーやバスケットボールのような走り回る競技、柔道・空手のようなとにかくパワーを必要とする格闘技。ダイビングなどはそもそも息ができませんし、口呼吸ができても皮膚呼吸はできません。

とはいえ運動での息苦しさはある種の爽快感があります。 でもそうした運動とはまるで無関係に、息が苦しくなることがあります。たとえ鍛えてある人であっても息ができないのはツライ。ヒューヒューと呼吸がしづらくなると、軽い呼吸困難だとしてもパニックをおこしてしまう場合があります。

息をするのがツライ病気や症状とは

一般に、運動以外で呼吸が苦しくなる人は、心臓に病気をもっていたり強いアレルギーを抱えているものです。アレルギーならノドの内部が浮腫みます。心臓関連ならば酸素が行き渡りにくくなります。このように「息がツライ」といっても、原因や症状は異なるのです。

タバコのように、長年の蓄積による肺内部の障害も挙げられますね。ここでは、そうしたツライ呼吸障害の原因や対処法を考えます。(喉の違和感息苦しいと内容が被る部分があります)

ノドが一緒に詰まるとき

一時的に呼吸が苦しいだけならば、たいていはしばらく待てば収まります。でも、ノドが詰まったり腫れてきているならば、きわめて緊急性の高い症状だといえるでしょう。腫れが治まらずにそのまま膨らんでいくようなら、窒息の危険すらあります。治るのをゆっくり待つような、のんびりした対処は命取りなのです。よく知られているのはソバなどの食物アレルギーですが、呼吸困難症状をおこす原因はほかにもあります。

呼吸が苦しくなってノドも詰まる症状では、次のケースが考えられます。

 喘息
 甲状腺
 自律神経失調症
 パニック障害
 風邪

甲状腺
健康上は何も問題はないはず。にもかかわらず喉が詰まる感じがある。また、喉が詰まると同時に、息苦しさも感じる。そういった症状があるのなら甲状腺の機能亢進が考えられます。甲状腺が活発になりすぎたために、様々な悪影響がおこる症状です。

自律神経失調症
自律神経失調症でも、喉が詰まる感じ・息苦しさを感じます。そして自律神経失調症は肩こりの原因にもなります。自律神経は、全身の器官をコントロールしているために、身体のいたるところに症状が現れるのです。喉や息苦しさや肩こりばかりか、他の器官にも影響でます。

パニック障害
前触れもなく、とつぜん症状が現れたなら、パニック障害が疑われます。ノドが詰まる感じがして息苦しくなる。加えて、動悸や呼吸困難などになる病気です。パニック障害は不安が不安を呼ぶという傾向があります。呼吸困難や動悸をおこしたシーンと同じような状況に出くわすと、「また同じような症状がでたらどうしよう」という不安を持ってしまうのです。

ゴホンッくる咳にも種類があります。風邪や喘息だけではなくストレスが原因となる場合もあります。喉が詰まる感じで、咳が出るとなかなか止まらずに息苦しくなることがあります。こうした咳で疑わしいのが喘息です。ハウスダストが心配されますが、急激な空気の変化(冷たくなるなど)でも出やすくなります。

呼吸と喉に症状が現れて真っ先に考えるのは、肺や気管などの呼吸系か喉に炎症を起す風邪などです。 思いもかけない原因に逆流性食道炎があります。ご存知、胃酸があがってくる症状ですが、喉に詰まり感を覚える場合もあります。喉の異常を訴えでも検査で何も見つからないなら、逆流性食道炎の可能性かもしれません。

呼吸器に異常があるとき

・喉が詰まって息苦しい時に受診する科は?
喉が詰まる感じで息苦しい時は、何科の病院の訪れればいいのでしょうか。 総合病院の診療が受けられるのなら、呼吸器科または、呼吸器内科をオススメします。不安に思う場合は、受付などで症状を話すと何かに行けば良いかを教えてくれます。目的にかなう病院が無いなら、とりあえず内科へいきましょう。

・呼吸困難に直接関わる疾患
自然気胸や肺塞栓症といった呼吸器疾患があると、酸素の取り込みと交換ができなくなります。その結果、酸素不足が起こって呼吸困難を引き起します。

心不全は、心臓のポンプ機能が低下する状態です。ここまでくると、肺に送られる血液の量すら減少するため、肺での酸素と二酸化炭素の交換が不十分な状態となります。必要な酸素が全身に行き渡らなくなって、呼吸困難が起こることがあります。

また、血栓によって心臓の冠動脈への血流が途絶えると事態はより深刻になります。心臓の筋肉が壊死する心筋梗塞や心臓弁膜症、心筋炎などの心臓の疾患が悪化していきます。それがまた心不全を引き起こて呼吸困難になるといったマイナスの連鎖に繋がる危険が高くなります。

呼吸器の疾患

呼吸にかかわる臓器の総称が「呼吸器」。このうち空気が通過する器官が気道で、鼻腔、口腔から咽頭、喉頭を経て気管、気管支、細気管支までを指します。どこか一つに支障がでると呼吸が苦しくなるわけです。気管や気管支に起こるおもな病気には、次のようなものがあります。

慢性気管支炎
気管支の粘膜に慢性の炎症が起こっているものをいいます。

気管支拡張症
気管支が広がってもとに戻らなくなる病気。分泌物がたまりやすいので細菌の温床となり、感染をくり返します。

気管支ぜんそく
気管支がアレルギーなどによる炎症によって過敏になる病気。気道が狭くなり、息「ぜいぜい」や咳などが出て呼吸が苦しくなる発作をくり返します。

肺の病気

肺の内部にある最小組織できている肺胞では、酸素を血液中にとり入れて、 血液中の二酸化炭素を排出するガス交換が行われています。まさに肺は、呼吸の要です。最も怖い病気は肺がんですが、それ以外にも次のような病気があります。

肺炎
細菌やウイルスなどの感染によって肺が炎症を起こす病気。かぜやインフルエンザなどがこじれて起こる場合が多いほか、食べ物や飲み物が誤って気道に入ったり、胃の内容物が逆流したりして起こる場合もあります。

肺結核
結核菌が感染して肺が炎症する病気です。結核菌は感染力が強く、空気や飛沫によって、感染します。

肺気腫
肺胞の弾力性が低下した状態になる病気です。ガス交換が十分に行われなくなって、息切れや呼吸困難が起こるようになります。

間質性肺炎
肺の間質に炎症が起こる病気で、肺胞のやわらかい壁の壊されて、硬い組織が増える線維化が進みます。 「肺線維症」といって、線維化した肺胞は硬く縮んでいき呼吸ができなくなります。

アレルギーやタバコなど

・アレルギー
アレルギーというのは、ある特定の原因物質に対して、体の免疫システムが過敏に反応してしまう症状のことです。ジンマシンなどが知られてますね。中でも、緊急な対応が必要なのが呼吸困難。反応が強く出すぎ、空気の通る気管支が狭まくなって、呼吸が辛くなります。

アレルギー性の呼吸困難でポピュラーなのは喘息ですが、小麦や鶏卵、牛乳なソバなどの食物アレルギーの強い反応によっても呼吸困難なども危険です。ネコや犬などの動物アレルギーの人もいるでしょう。呼吸器症状を起こして生命に関わることもあります。ほかには、ハチの毒、天然ゴム(ラテックス)、薬などのアレルギー反応でも呼吸困難に至ることがあります。

・タバコや粉塵の害
タバコの煙、空気そのものが汚れる大気汚染、それに粉じんなど。これらは、肺や気管支などに悪い影響を及ぼします。タバコの煙や粉じんなどにより、気管支や肺胞が刺激されて炎症が発生するのですが、それが長い期間続くことで慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの呼吸器の病気になることがあります。長期間、タバコや粉じんなどを吸っている人や、過去に吸っていたことのある人は、呼吸器の病気を患いやすいことがわかっています。

妊娠で呼吸が苦しいことも

あまり知られていないのですが、妊娠の初期症状には息苦しさを感じることがあります。妊婦さんのうち、実に50%の人が出産するまでに息苦しさなどの症状を経験しているといわれています。妊婦さんの半数なので経験しない人も半分に上ります。男性も含めれば、知られていないのは当然かもしれません。

息苦しさを感じたことがなかった人が、ある日急に呼吸が苦しくなれば、病気の心配をするのが当たり前です。妊娠に気づかずに精神科を受診してしまい、胎児に影響が出る強い薬を服用してしまったというケースもあります。

・原因は?
女性が妊娠すると子宮が大きくなります。下方から押された横隔膜の位置が上がってきます。肺が圧迫されてしまうことで呼吸が苦しくなるのです。息切れや息苦しさのほか、動悸といった呼吸に関する症状が出やすくなります。酸素の供給が不足がちになるため、疲れやすい体質となります。

しかし、妊娠初期では、胎児も子宮もまだ大きくなっていませんが、息苦しさを感じることがあります。実は妊娠の初期には、女性ホルモンの増加が著しく増加します。酸素消費量や換気量が変わってしまうことから、呼吸が浅くなったり、早くなったりしてしまい、息苦しさなどの症状が出てしまうのです。

また、初期の段階を超えて、順調に経過していくと、お腹の赤ちゃんが大きくなります。それに伴って、血液量も増えていきます。妊婦さんの心臓の負担が増すために、動悸や息切れを起こしやすくなることもあります。これが中期以降の息切れの原因です。息苦しさなどの症状は、妊娠初期で終わらずに、出産するまで続くことも珍しくありません。

・対処方法は? 息が苦しくなったときは、休むことです。無理しないで横になるようにしましょう。向きとしては、体の左側を下にしたほうが呼吸がスムーズです。外出先で息苦しさなどの症状が出たら、座れる場所を探して、落ち着くようにしましょう。とにかく、まずは心を落ち着けること。不安になったり焦ってしまうと、さらに呼吸が苦しくなってしまう可能性もあります。

■ 寝ているときの息が苦しい

夜寝ているとき、息苦しくなって目が覚めてしまうことがあります。それにはおよそ3つの理由が考えられます。

 睡眠時無呼吸症候群
 心臓の異常
 過度のストレス

1 睡眠時無呼吸症候群
睡眠中に、空気の通り道がふさがれ呼吸が止まってしまう症状です。イビキが泊まるといった症状が有名ですね。睡眠不足から、日中に突然の睡魔に襲われることから、ドライバーが事故を起すなどの社会問題にもなっています。

意識のない睡眠中の出来事ですが、呼吸ができなくなるので、息苦しくなってしまって起きてしまうこともあります。睡眠時無呼吸症候群の大半の原因は、太り過ぎであると言われています。肥満で、ノドの周りに脂肪が付いてしまうと、仰向けになった時に気道が体脂肪でふさがれてしまい、呼吸が苦しくなる。条件が重なると一時的に呼吸ができなくなるのです。

解決方法は、生活習慣を見直すなどして肥満を解消することです。どうしても肥満の解消が難しいとか、生活習慣を見直しても睡眠時無呼吸症候群を解決にいたらない場合は、マウスピースなどを使用する方法もあります。

睡眠時無呼吸症候群の原因は、肥満だけではありません。脳から呼吸の指令が出なくなることで睡眠中の呼吸ができなくなる事もあります。心臓の機能が低下した場合は、脳から呼吸の指令が出なくなることがあります。この場合は、病院での治療必要があります。 また、お酒を飲みすぎた場合にも同じことが起こります。血行が高まって、ノド内部が一時的に腫れて、気管を圧迫するのです。お酒もほどほどに。

2 心臓の異常
心不全や狭心症、または不整脈といった心臓の異常によって、睡眠中にに息苦しくて起きてしまうことがあります。心臓に関わる息苦しさは、日中におこるのが一般的ですが、寝ている時だけ息苦しくなる場合もあります。胸が苦しいなどといった症状があるのであれば、すぐに病院で診てもらってください。

3 過度のストレス
緊張時は交感神経が、リラックス時には副交感神経が優勢になります。しかし、ストレスが極度にたまると、常に緊張状態になって神経を休めることができなくなります。その結果、寝ているときに急に息苦しくなることがあります。こうした場合では、動悸も激しくなっていることが多いです。

解決するには、とにかくストレスを発散すること。自分の時間を作って、好きなことを贅沢に過ごすのが一番の薬です。しょっちゅう続くようなら医師への相談が必要ですが、たまに起こる程度なら特に問題はありません。

カラダの悩みや症状

サイドメニュー

  1. Home
  2. ● 頭・顔の症状
  3. 頭痛
  4. 鼻血
  5. めまい
  6. 脳血栓の前触れ
  7. 頭がかゆい
  8. 頭のかさぶた
  9. 毛が抜ける
  10. 髪が抜ける病気
  11. 喉が渇く症状
  12. 喉の違和感
  13. 喉が腫れる
  14. 目のアレルギー
  15. 目の痛み
  16. PC・スマホの害
  17. スマホで失明
  18. 難聴の原因と対策
  19. 耳が詰まった感じ
  20. あごの痛み
  21. 首が痛い
  22. ● 胸・お腹の症状
  23. 息苦しい
  24. 呼吸が苦しい
  25. 吐き気
  26. 吐き気と頭痛・めまい
  27. 胸の痛み
  28. 吐血と喀血
  29. 腹痛
  30. お腹が張る
  31. 動悸の症状
  32. 背中が痛い
  33. 下腹部の痛み
  34. 腰痛について
  35. 左右横腹が痛い
  36. 胃痛と吐き気
  37. ● 身体全体の症状
  38. あくび
  39. てんかん
  40. だるい
  41. むくみ
  42. 貧血の原因と症状
  43. たちくらみの症状と対策
  44. 痩せる
  45. 体重減少
  46. 太り過ぎの病気
  47. 糖尿になった
  48. 微熱
  49. イライラ
  50. 遺伝する病気
  51. かゆみ
  52. ヒリヒリ痛む
  53. 身体がふるえる
  54. 体がくさい
  55. 尿の色と匂い
  56. 血尿と尿ガン
  57. ● 生活の中で
  58. 疲れ
  59. 眠気
  60. 食欲不振
  61. 背中がかゆい
  62. 筋肉痛
  63. 肩こりは難病か
  64. 関節の痛み
  65. 手足のしびれ
  66. 膝の痛み
  67. 膝立ちでの痛み
  68. 足と膝の痛み
  69. 足の裏の痛み
  70. 足のむくみ
  71. 腰の痛みと対策
  72. 季節の症状
  73. 痛みで眠れないときに
  74. 頻尿を改善したい
  75. 手が腫れる
  76. ガンの見つけ方
  77. 痛いイボ痔対策
  78. ● 小さな命の症状
  79. 子供の頭痛
  80. 子供の髪の毛
  81. 子供のめまい
  82. 子供の足の痛み
  83. 子供の微熱
  84. 子供のノド
  85. 子供の胃腸炎
  86. 子供のおちんちん
  87. 子供の感染症
  88. 赤ちゃんのむくみ
  89. ● 女性特有
  90. 陰部が痛い
  91. 陰部がかゆい
  92. 乳房が痛い
  93. 下腹部が痛い
  94. ●健康へ向けて
  95. 栄養を摂る食べ物
  96. 身体を動かすこと
  97. 健康呼吸法
  98. 病気のダイエット
  99. おいしい食べ物
  100. 玄米酵素の炊き方
  101. 健康対策のアイテム
  102. サプリメントと健康食品
  103. 便秘に悩んだとき
  104. 疲れをとるサプリ
  105. 水分の正しい飲み方
  106. アルコール 健康的な飲み方
  107. 健康寿命とSF
介護 1人暮らし