息苦しい症状の病気とその原因

Home > 胸・お腹の痛み > 息苦しい

息苦しい症状

息苦しいと感じる症状が続くのは何かの病気が隠れている証拠かもしれません。
直接、呼吸に関係する病気もありますし、まったく別の病気の影響から息が苦しくなることもあります。 ここではとくに、3つに分けてお話していきますね。

始めは、症状から考えられる病気
2番目に、呼吸器の疾患と症状
3番目に、自律神経の乱れです

順を追って進めていきます。

症状から考えられる病気

息苦しいを言い換えれば「呼吸することがツライ」ということです。 いわば「軽度の呼吸困難」に陥っているとも言えるでしょうか。 この「呼吸困難」というのは、一般に以下のような症状を指してます。

・息が苦しい症状
・酸欠感
・息を吸い込めないように感じる

呼吸困難の感じ方は、個人によって大きな差があります。 病気の重症度と息の苦しさとは次元の異なる話なので、相関性はないのです。 「苦しい」と「あまり苦しくない」の違いは、その人とその状況での感覚的な差異です。 軽視するのはよくないのですが、あまり重く捉えずぎるのも考え物。 「苦しいから重症」「ほんの少し呼吸が難しいだけだから軽症」ということではなく、 症状軽さと病気の重さは比例しません。だから恐いのです。
吸う・吐く。あたりまえの呼吸が楽にできなくなっていることから、 最初に考えられる病気は、呼吸器に関係するものでしょう。 ほかには、心臓病、神経や筋肉の病気、 糖尿病などの代謝に関係した病気、精神的病気を患った場合でも、息苦しさを覚えたりします。 どのような病気なのかは、 その症状から、ある程度推測することができます。

■ 発作性な呼吸困難でゼイゼイする場合

 ぜんそく
 うっ血性心不全
 異物が誤って気管支へ入ってしまった

そのほか、のどが腫れたり痙攣を起こしているために、 空気が通りにくくなっていることなどが考えられます。 アレルギーや風邪をひいた場合などで、よくみられるものですね。

■ 息苦しい症状が急速に悪化していく場合

 急性呼吸促迫症候群
 重症肺炎
 急性間質性肺炎
 急性心不全

■ 突如発生した場合
「苦しくなったのは○○時ごろです」
通常、病気が始まった記憶は曖昧ですが、はっきりと時間がわかるほど、 突然、症状が現れる危険な病気があります。 例えば次のようなものです。

 肺血栓
 気胸
 塞栓症

そのほかに、異物が気管支につまる誤嚥(ごえん)、 刺激性のガス吸入による気管支や肺の障害、心筋梗塞なども考えられます。

■ 息苦しい症状を慢性的に感じる

 肺気腫
 慢性気管支炎
 慢性型の間質性肺炎
 じん肺
 結核後遺症
 うっ血性心不全

■ 喉が詰まる感じもある

 風邪
 喘息
 甲状腺
 自律神経失調症
 パニック障害

以上、息苦しい症状から考えられる病気でした。 身体的な病気については、こうした症状からみつけることができます。 同様の症状があっても、病院の検査で病気がみつからないこともあるので、 必ずしも、全てにあてはまるわけではありません。 上記以外の疾患として、神経や筋肉の病気などが考えられます。
仰向け寝で息苦しいときは、喘息の初期段階の可能性もありますが、年齢的な原因も考えられます。 年をとるとあらゆる筋肉が衰えてくるもので「舌根の筋力」のその一つ。舌の筋力が衰えて支えきれず、 喉を塞ぎ気味となり呼吸がつらくなるのです。舌根が空気の通り道を確保すれば解決するので、 横向き(できれば左側と上)で眠るクセをつけましょう。

呼吸器の疾患と症状


息が苦しい症状があるときは、やはり、呼吸器に間する病気である可能性が高いようですね。 次は、主な呼吸器の病気についての、症状と対応です。

■ 風邪とインフルエンザ

主な症状は、鼻が乾いた感じとか、鼻ずまり。それに鼻水・くしゃみが出たり、 目から涙が出たり喉にも痛みが生じます。咳やタンも出ます。全身が力が入らず、 関節に痛みが出たりします。インフルエンザは風邪よりもさらに重症になります。 風邪は風邪ウィルスで伝染、インフルエンザは、インフルエンザウィルスが原因で発病します。
1週間から2週間くらいで回復します。風邪も伝染しますが、 インフルエンザは伝染力が風邪よりも強くなります。

■ 気管支炎

急性と慢性があり、急性の気管支炎は咳とタンがでます。 発熱もしますが、年齢で差があります。小児は発熱しやすいのですが、 大人には発熱しない人もいます。全身の倦怠感、頭痛、食欲不振、タンなどの症状があります。 ウィルスと細菌が原因で、気管支が炎症する病気です。

急性の気管支炎は風邪の後で発病しやすく、咳とタンが特徴です。 咳が辛い病気なので、暖かく安静にして休息するのが一番の薬です。 急性気管支炎の後、慢性気管支炎を発病する人もいます。 大気汚染の影響で、慢性気管支炎の患者が増えています。 また、粉塵やガスを吸引しやすい環境でも、発病しやすくなります。

気管支炎は、年月をかけて少しずつ進行していきます。 慢性になると風邪を引きやすく、いちどかかると治りにくくなります。 しかも、治らない内に次の風邪をひくことも珍しくありません。根気強い治療が大切です。 咳とタンが苦しいときは上手に排出して下さい。横向き寝るとタンが出やすくなります。

■ 肺炎

○症状
 激しい悪寒と胸膜痛が起き、高熱とタンが出て、呼吸困難に陥ります。
 倦怠感、食欲不振、咳があって、息が苦しい呼吸をしている場合に 「肺炎が疑われ」ます。

 >老人
 高熱が出ない事もありますので見逃す危険があります。
 気分がすぐれず、食欲が無く、息苦しい症状が出て、
 いつまでも治らずに長引きます。

 >小児
 呼吸が困難になると小鼻を動かして呼吸しますので、
 小児がいつもと違う呼吸をしている場合は、
 呼吸困難を考える必要が有ります。
 顔が赤い場合はそれほど重症ではありませんが、
 顔色が蒼白で、唇の色が紫色の場合は重症と判断します。

原因は病原菌です。「肺炎球菌肺炎」が代表的であり、 細菌性肺炎の他にウィルス性の肺炎もあります。 普通の風邪と間違えてしまうので注意が必要です。治りが遅くいつまでも回復をしない場合は、 重症と判断してあげる事が必要です。細菌に適合する抗生物質を使って治療が行われますが、 抗生物質には強い副作用があることに注意。

■ 自律神経の乱れ

検査をしても病気が見つからない場合、自律神経の乱れが原因となっている可能性があります。 ストレスが多いと、交感神経 ばかりが働き、全身の筋肉がいつでも緊張するようになります。 特に、気管支のまわりの筋肉が緊張して、収縮・けいれんを起こすと、それが原因で息苦しくなります。

息苦しいのは筋肉が緊張してるから。自律神経の乱れからくる、 症状のおおもとの原因は、心と体のストレス。筋肉が緊張しっぱなしになるのです。 喉のまわりが、オカシくなってるあるわけではありません。

解消するにはどうすればいいのでしょうか?
一番の解消法は、おおもとの原因である「ストレス」を減らすこと。 それが難しいのなら「ストレスで緊張した筋肉をゆるめること」です。 全身の筋肉をゆるめると、交感神経から副交感神経(体の休息・回復モード)に切り替わります。 のどのまわりの息苦しい感覚が改善されますし、さまざまな体の不調が大きく改善されていくはずです。

以上、お話してきました。参考にとどめておいて、 一般内科や心療内科での診断も検討してください。

「息苦しいのは自律神経の乱れに決まってる」そう思っていたのが、実は背骨の歪みによる呼吸困難や血行不良が原因というケースがあります。曲がった姿勢や猫背で座ることが習慣化すると、遅かれ早かれ背骨に影響が現れます。一度自分の姿勢を振り返ってみるのもいいかもしれません。

カラダの悩みや症状

サイドメニュー

  1. Home
  2. ● 頭・顔の症状
  3. 頭痛
  4. 鼻血
  5. めまい
  6. 脳血栓の前触れ
  7. 頭がかゆい
  8. 頭のかさぶた
  9. 毛が抜ける
  10. 髪が抜ける病気
  11. 喉が渇く症状
  12. 喉の違和感
  13. 喉が腫れる
  14. 目のアレルギー
  15. 目の痛み
  16. PC・スマホの害
  17. スマホで失明
  18. 難聴の原因と対策
  19. 耳が詰まった感じ
  20. あごの痛み
  21. 首が痛い
  22. ● 胸・お腹の症状
  23. 息苦しい
  24. 呼吸が苦しい
  25. 吐き気
  26. 吐き気と頭痛・めまい
  27. 胸の痛み
  28. 吐血と喀血
  29. 腹痛
  30. お腹が張る
  31. 動悸の症状
  32. 背中が痛い
  33. 下腹部の痛み
  34. 腰痛について
  35. 左右横腹が痛い
  36. 胃痛と吐き気
  37. ● 身体全体の症状
  38. あくび
  39. てんかん
  40. だるい
  41. むくみ
  42. 貧血の原因と症状
  43. たちくらみの症状と対策
  44. 痩せる
  45. 体重減少
  46. 糖尿になった
  47. 太り過ぎの病気
  48. 微熱
  49. イライラ
  50. 遺伝する病気
  51. かゆみ
  52. ヒリヒリ痛む
  53. 身体がふるえる
  54. 体がくさい
  55. 尿の色と匂い
  56. 血尿と尿ガン
  57. ● 生活の中で
  58. 疲れ
  59. 眠気
  60. 食欲不振
  61. 背中がかゆい
  62. 筋肉痛
  63. 肩こりは難病か
  64. 関節の痛み
  65. 手足のしびれ
  66. 膝の痛み
  67. 膝立ちでの痛み
  68. 足と膝の痛み
  69. 足の裏の痛み
  70. 足のむくみ
  71. 腰の痛みと対策
  72. 季節の症状
  73. 痛みで眠れないときに
  74. 頻尿を改善したい
  75. 手が腫れる
  76. ガンの見つけ方
  77. 痛いイボ痔対策
  78. ● 小さな命の症状
  79. 子供の頭痛
  80. 子供の髪の毛
  81. 子供のめまい
  82. 子供の足の痛み
  83. 子供の微熱
  84. 子供のノド
  85. 子供の胃腸炎
  86. 子供のおちんちん
  87. 子供の感染症
  88. 赤ちゃんのむくみ
  89. ● 女性特有
  90. 陰部が痛い
  91. 陰部がかゆい
  92. 乳房が痛い
  93. 下腹部が痛い
  94. ●健康へ向けて
  95. 栄養を摂る食べ物
  96. 身体を動かすこと
  97. 健康呼吸法
  98. 病気のダイエット
  99. おいしい食べ物
  100. 玄米酵素の炊き方
  101. 健康対策のアイテム
  102. サプリメントと健康食品
  103. 便秘に悩んだとき
  104. 疲れをとるサプリ
  105. 水分の正しい飲み方
  106. アルコール 健康的な飲み方
  107. 健康寿命とSF
介護 1人暮らし