耳が詰った感じの原因について 病気や原因をみつける

Home > 頭・顔の痛み > 耳が詰まった感じ

耳が詰った感じになる

乗った飛行機が高度を上げ一定の高さになったとき、耳の聞こえに違和感を感じることがあります。 また、高い山に登ったときにも似たような感じになったりします。ほかにも何かの拍子で、音がくぐもって「詰まって」聞えた系体験を持つ人は多いのではないでしょうか。

「つまる感じ」がして耳が聞こえにくくなることを、専門用語では耳閉感(じへいかん)といいます。ごくありふれた症状であり、誰でも1度や2度は、耳閉感を経験していることと思います。

原因はいろいろありますが、ここでは、よくある「つまる感じ」とその治し方をお話します。

■ 耳閉感とはいったい?

冒頭で触れた耳閉感ですが、もっとも大きな症状は、 耳が閉まって何だか音が聞こえないような感じがする というものです。つまり、耳が詰まる、または塞がった感じがするといった違和感です。飛行機に乗っている時や山に登ったとき体験するような、耳がぼーっとおかしくなってしまったような感じといえばわかるとおもいます。

ほかにも以下のような表現がありますが、共通しているのは「音が遠のいた感覚」です。

 耳から頭にかけて薄皮が一枚かぶさった感じ
 自分が話した声が耳の中で響いてくる
 プールで耳の中に水が入った感じ
 ギューと耳を圧迫され、時に痛みを感じる

耳閉感には、痛みや苦痛といったマイナス症状はありません。ただただ耳が詰まって、ぼーっとした感じになるなどの、不快で落ち着かない症状が発生するだけです。これだけでも十分嫌ですが、場合によっては、音が聞こえにくかったり、耳鳴りや頭痛、めまいが発生してしまうこともあります。耳閉感そのものは誰にでも起こるありふれた症状であり、これ自体は病気でもなんてもないのです。

そんな耳閉感は、他の耳鼻科系の疾患の症状1つとして現れることがよくあります。通常、詰まった感じがしたとしても、スグに元に戻ります。ところが、同じ状態が数日間も続いたり、短い期間のうちに何度も耳閉感があるのなら、なんらかの病気である可能性があります。

必ずしも病気や耳鳴りや目眩の前兆として、耳がつまるとは限りません。じっさい、耳鳴りも目眩も起こらないまま、延々と耳が詰まり続ける場合もあります。そうはいっても、こうした状態が酷く続いた後に、耳鳴りや目眩が始まったというパターンは多いのです。

■ 耳が詰まる原因とは?

耳というのは、3つの部分に分けられます。見えている外側から、外耳・中耳・内耳ですね。頭の横についていて目でも確認できる部分が外耳です。耳閉感は、それぞれの部分のどこにでも可能性があります。

外耳が原因
このケースの耳閉感は一番シンプルです。よくあるのは次のようなケースです。

 耳に入った水が鼓膜に付着して鼓膜の振動を阻害
 溜まった耳垢に水分が入り込んで耳栓のようになる
 綿棒の先端が耳の中に残って塞いでる
 過剰な耳かきで耳穴周辺が腫れている

ほかにも、「鼓膜に穴が開いてしまった」とか「鼓膜そのものが炎症してる」という症例があります。

中耳が原因
中耳で耳が詰まる感じがあるときは、耳管の働きが悪いことが原因と言われてます。多くの場合、滲出性中耳炎を起していたりします。また、耳管が開きっぱなしになってしまう「耳管開放症」という病気によって、詰まった感じがすることもあります。

内耳が原因
耳の最も奥にある内耳が原因の場合、低音障害型感音難聴という、周波数の低い部分の音が聞こえにくくなるという病気になっている可能性があります。この病気を引き起こす要因は、ストレスや疲労。精神的な圧迫が耳に異常をもたらしてしまうのです。

以上。耳閉感はというのは発生部分によって原因がさまざまで、病気が関係しているもの無関係なものがあるので、病状の特定は難しいのです。そうは言うものの、病気でないのであれば、基本的な対処方法があります。

■ 耳閉感の予防と治療法

どの原因にも共通するカンタンな予防があります。それは、普段から耳垢を取ったりお風呂で耳を洗うなど、キレイにしておくことです。とくに、プールに入る前は念入りに耳掃除をしておくのが良いでしょう。耳の内部についた傷も耳閉感の原因となってしまいます。耳かき防による強すぎる耳かきには気をつけます。

また、綿棒での耳かきでは、先端部分が耳の中に残ってしまうことがあります。いずれにしてもやり過ぎには注意が必要です。中耳と外耳はそれぞれの予防が加わります。

中耳の耳閉感 を予防するには、鼻やのどに炎症を起こさないようにすることです。カゼも炎症の原因になるので、発症してしまったときは早く治すことが予防になります。また、なんであれ、咳や鼻水を長引かせないようにすることも大切です。

内耳の耳閉感 の場合は、ストレスや疲労などが関係してリンパ液の流れが悪くなる場合があります。そこで、ストレスや疲労を溜めないことが大きな予防法となります。なかなか難しいことですが、何事にも、無理をし続けないことがストレスと疲労の対策となります。

 耳が詰まる病気は?

耳が詰まってる感じのする病気は、大きく3つに分かれます。耳が詰まるというのは結局のところ音が遠く聞える状態です。直接的に、耳が悪くなるだけでなく周辺が病気になることによって、間接的に影響が現れることも多いのです。それぞれ、順を追って説明していきますね。

耳の病気
 耳あか  急性中耳炎  滲出性中耳炎  慢性中耳炎  外耳炎  難聴  耳鳴り  めまい  メニエール病  良性発作性頭位めまい症  低音障害型難聴  突発性難聴

鼻の病気
 アレルギー性鼻炎  花粉症  副鼻腔炎(ちくのう症)  鼻血

のどの病気
 扁桃炎  いびきと睡眠時無呼吸症  のどの違和感  長引く咳  声がれ

カラダの悩みや症状

サイドメニュー

  1. Home
  2. ● 頭・顔の症状
  3. 頭痛
  4. 顔色が黒い
  5. 鼻血
  6. めまい
  7. 脳血栓の前触れ
  8. 頭がかゆい
  9. 頭のかさぶた
  10. 毛が抜ける
  11. 髪が抜ける病気
  12. 喉が渇く症状
  13. 喉の違和感
  14. 喉が腫れる
  15. 目のアレルギー
  16. 目の痛み
  17. PC・スマホの害
  18. スマホで失明
  19. 難聴の原因と対策
  20. 耳が詰まった感じ
  21. あごの痛み
  22. 首が痛い
  23. ● 胸・お腹の症状
  24. 息苦しい
  25. 呼吸が苦しい
  26. 吐き気
  27. 吐き気と頭痛・めまい
  28. 胸の痛み
  29. 吐血と喀血
  30. 腹痛
  31. お腹が張る
  32. 動悸の症状
  33. 背中が痛い
  34. 下腹部の痛み
  35. 腰痛について
  36. 左右横腹が痛い
  37. 胃痛と吐き気
  38. ● 身体全体の症状
  39. あくび
  40. てんかん
  41. だるい
  42. むくみ
  43. 貧血の原因と症状
  44. たちくらみの症状と対策
  45. 朝おきられない
  46. 痩せる
  47. 体重減少
  48. 太り過ぎの病気
  49. 糖尿になった
  50. 微熱
  51. イライラ
  52. 遺伝する病気
  53. かゆみ
  54. ヒリヒリ痛む
  55. 身体がふるえる
  56. 体がくさい
  57. 尿の色と匂い
  58. 血尿と尿ガン
  59. ● 生活の中で
  60. 疲れ
  61. 眠気
  62. 食欲不振
  63. 背中がかゆい
  64. 筋肉痛
  65. 肩こりは難病か
  66. 関節の痛み
  67. 手足のしびれ
  68. 膝の痛み
  69. 膝立ちでの痛み
  70. 足と膝の痛み
  71. 足の裏の痛み
  72. 足のむくみ
  73. 腰の痛みと対策
  74. 季節の症状
  75. 痛みで眠れないときに
  76. 頻尿を改善したい
  77. 手が腫れる
  78. ガンの見つけ方
  79. 痛いイボ痔対策
  80. ● 小さな命の症状
  81. 子供の頭痛
  82. 子供の髪の毛
  83. 子供のめまい
  84. 子供の足の痛み
  85. 子供の微熱
  86. 子供のノド
  87. 子供の胃腸炎
  88. 子供のおちんちん
  89. 子供の感染症
  90. 赤ちゃんのむくみ
  91. ● 女性特有
  92. 陰部が痛い
  93. 陰部がかゆい
  94. 乳房が痛い
  95. 下腹部が痛い
  96. ●健康へ向けて
  97. 栄養を摂る食べ物
  98. 身体を動かすこと
  99. 健康呼吸法
  100. 病気のダイエット
  101. おいしい食べ物
  102. 玄米酵素の炊き方
  103. 健康対策のアイテム
  104. サプリメントと健康食品
  105. 便秘に悩んだとき
  106. 疲れをとるサプリ
  107. 水分の正しい飲み方
  108. アルコール 健康的な飲み方
  109. 健康寿命とSF
介護 1人暮らし