パソコンやスマホ液晶画面の健康被害とは 病気や原因をみつける

Home > 頭・顔の痛み > PC・スマホの害とは

スマホやパソコンで肌荒れを起す?

外出する前、あなたの紫外線対策はできているでしょうか?
肌に害を成す光は、身近なところにも存在してます。 バッチリな対策で出かけてるという人であっても、ついつい見落としている紫外線もあるというのです。

その紫外線が射す場所は屋外でなく、なんと建物の中。
正確には、あなたが使ってるパソコンやスマートフォンである

・・・と言われてるのですが、本当にそうなのでしょうか?
PCなどから出される有害光線と、目についてのお話です。


■ えっ、パソコンやスマホから紫外線?

いつもの習慣に、何気なく見ているパソコンやスマートフォンの液晶画面があります。 この画面からはチカチカと、ブルーライトや紫外線、静電気などがたくさん発せらていると言われてます。 それが、目の健康だけでなく、肌トラブルをも引き起こす原因になりかねないというのが 「PCスマホで肌が荒れる説」です。

「ブルーライト」については一時期とても騒がれました。そうした記事を目にしたこともあるかと思います。 記事の概要は「この光を浴びると体内時計が乱れて良い睡眠の妨げになる」というのです。 良質な睡眠が取れない状態が長く続いてしまうことから、肌年齢が進むという弊害もあります。 ブルーライトに次いで、害を成す光線として紫外線も放出されてます。 液晶モニタのバックライトからの光には、紫外線が含まれているので、 これがシミやしわの原因になるというのです。

そして画面には静電気が帯びてます。冬にドアを触るとピリッとくるあの電気ですね。 それが体に帯電することで、知らず知らずのうち、顔や目にホコリがたくさん付着します。 これも、肌荒れや目尻の小じわ、顔面神経痛、ドライアイなどにつながっています。

さて、3つの問題項目についてお話しましたが、実は「ブルーライト有害説」を声高く提唱しているのは、 PCグラスを作っている業界だけのようです。ブルーライトネットで調べた結論としては 「ブルーライトそのものは、それほど害のある光ではないが接し方によって悪影響を及ぼす」 ということが分かりました。

■ ブルーライトは青空の光と同じ

サーカディアンリズムという言葉があります。「概日リズム」と和訳されるのですが、昼間にたっぷり太陽光を浴びて、夜にはしっかり眠くなるという、身体のリズムを指しています。そこに大きく影響しているのが、青空から降り注ぐブルーライト。ブルーライトは、可視光線のなかでも波長が短く、380ナノメートルから495ナノメートル前後の光です。青空のブルーライトも、LED液晶モニターのブルーライトも、波長の同じ光線になります。

ブルーライト量そのものをいえば、屋外のほうが圧倒的に多くなってます。太陽が発して地球に到達した光を、顔や肌で四方から浴びているわけですから、PCやスマホから発する人工的な量とはまったく比較にすらなりません。ではなぜ、PCやスマホのブルーレイが問題になるのかというと、2つの考えがあります。

1 目で凝視している
 屋外のブルーライトが強烈なのは間違いないですが、空ばかり一日中見上げている人はあまりいないでしょう。気象庁の職員や天文の専門家ならば見てるかもしれませんが、普通の人はむしろ強い光から目を守ろうとするので、日に数分も見れば長いほうと思われます。ところがスマホやパソコンの場合はどうでしょうか。画面を見ることが目的ですから、見終わるまでいつまでも、じっと凝視しています。ブルーライトが僅かなものであったとしても、数十分・数時間も見続ければ、悪影響は避けられません。

2 体内時計が狂う
 ブルーライトは、サーカディアンリズムを作っていると言いました。昼間にしっかりと光を受けることで、夜になると眠くなってしっかりした睡眠が得られるとうものです。「朝の光が良質な睡眠をもたらす」といった健康指南があるくらい重要なものです。PCやスマホのブルーライトを目に受け続けると、サーカディアンリズムが狂います。目の中に、必要以上に光を取り込んでいるし、夜になって日が沈んでいる時間帯にも、液晶を見ていることも多いです。脳が「まだ日中だ」と誤解するのです。ベッドに入ってもなかなか寝付けない、寝ても眠りが浅いのはそうした理由からです。

パソコンやスマホばかり見ていれば、当然、疲れ目になります。いつも目がチカチカし、肩こりも酷くなります。パソコンで目が悪くなるというよりも、同じ所を凝視してることが目の疲れを招いて視力低下に繋がる。そんな解釈が正しいようです。PCの場合はモニターを凝視しています。同じ距離にばかり焦点あわせることは、目に大きなストレスとなるのです。

■ 液晶からの紫外線の害

紫外線も静電気も、パソコン程度の量で、害をなすかどうかは半信半疑です。液晶パネル自体は発光していませんので、光については無関係です。光っているのはバックライトと呼ばれる冷陰極管のほうですね。これは原理的には蛍光灯と同じものです。その蛍光管がLEDにとって代わったのがいまの液晶画面です。

ほとんどのLEDは、紫外線を出しません。紫外線を出すタイプのLEDは特別なものなので、一般の証明やPCなどには使用されてません。室内で紫外線を気にするなら、蛍光管のほう。会社や学校、住居などあらゆる建物の灯りとして、いまだ健在です。実際は、LEDそのものよりも、じっと画面を見ている行為のほうが目や身体に影響を与えているのです。

■ 静電気(電磁波)

液晶から静電気を発生させているのは、いわゆる低周波の電磁波です。電磁波はありとあらゆる電子機器から発生していますが、近年問題になっているのは「電磁波過敏症」です。

「電磁波過敏症」とはアメリカの医学者ウィリアム・レイ博士が命名したもので、電磁波が原因と考えられる様々な症状の総称です。電化製品や携帯電話などから出る電磁波に反応して、一度でもこの症状が現れると他の人が感じないほどの微弱な電磁波で過敏に反応するようになるといいます。

電磁波過敏症の症状は、段階的に13に分類されてます。最初に現れるのは、目や皮膚、神経など頭や顔面周辺。ひどくなると、呼吸困難や動悸、めまい、吐き気、不眠症にあたり、さらには手足のしびれや麻痺、筋肉の痛みなどもおこります。症状を訴えるのは、男性よりも女性が多いそうです。

「電磁波過敏症」が問題なのは、外見上の判断が難しいこと。症状をおこした本人の自覚症状によるところが大きいので、医学的に診断する方法はあまたありません。専門医がいないことから、「ホルモンのバランスが悪いと誤診」されて、ホルモン治療を受けていた人もいるそうです。

■ 目や肌だけでなく心身にも影響

上記のことから、心身に影響を及ぼしているのは、ブルーレイや紫外線そのものより、長時間にわたる画面閲覧ということがわかります。長い時間、同じものをじっと見つめていると、目が乾いてドライアイを招きます。身体を動かさないことによる血行不良から一種の筋肉疲労をも起します。身体症状としては、肩こりや頭痛、背中や腰の痛み、手足のしびれなど。心の症状としては気分がイライラしたり、ストレスが溜まり、気力を失うなど現象が起きてくるのです。

パソコンやスマートフォンは、仕事やプライベートで当たり前に使っているもの。こんなに近くのものが、そこまで身心を害するとは、思ってもみなかったのではないでしょうか。

PCやスマホから身を守るために、実効性のある対策があるとすれば、ブルーライトをカットする保護シートやメガネなどを利用することでしょうか。コンタクトレンズを使うなら、UVカットの効果があるものがおすすめです。そしてなによりも、画面を見る時間をできるだけ減らすように心がけましょう。

いまの時代、パソコンやスマートフォンは必須アイテムです。「見ないでと言われても」手放せないのは理解できますが、心身の健康も大事です。週に一度は「休液晶デー」を設けてもいいのでは。もうすこしご自分の身体のプライマリティを高くしてみてください。

■ 充血の直し方

白目部分の血管が拡張して赤く見える。これが充血です。 充血の原因には、結膜の炎症による「結膜充血」と、眼球中の病気による「強膜充血」があります。

ほとんどの充血は休むだけで治るのですが、現代はそんなカンタンなことが難しい時代です。 PCスマホ全盛すぎて目を休ませることが不可能なくらい困難なのです。「目を休ませている時間が暇だなスマホでもやろうか」という、冗談のような現実があります。 充血は目に負担をかけるので、視力低下や目の病気などにかかるリスクが高くなります。 とくにスマホは、目と距離が近くて操作時間が長い。疲れ目を無視して熱中しがちです。

目の疲れを解消し充血を治すには、人工涙液を点けて、蒸しタオルなどで温めるの最も効果的です。 ほとんどの疲れ目は、長い時間近くの画面見たことでおこります。 眼のピントを調節する筋肉が凝り固まってしまうのです。座りっぱなしの腰痛に似ていますね。

眼の健康を取り戻すには、涙の成分で眼を洗い流すことがベストですが、涙と同じ成分の目薬はありません。 代わりに使えるのが、涙成分に似せて作った「人工涙液」という目薬です。 眼の表面にあるゴミを除去して充血の元である炎症の原因物を洗い流すことができます。 数滴垂らして、血行を促進するための蒸しタオルで目を押さえるのが一番の方法なのです。

■ 疲れ目と眼精疲労

疲れ目・眼精疲労。どちらの言葉にも「疲」の文字があるので、私達は同じ意味で使っています。ところが、医療の現場においては、この2つは意味が異なるようです。目が疲れたり、目が痛い・重いときの対処で判別します。スマホやパソコン限らず、休憩や睡眠ですっきり治るのは「疲れ目」です。そんなカンタンに回復せず、症状がガンコに続くのは「眼精疲労」。医学的にはそのように区別されてます。

種類にもよるのでしょうが、購入したブルーライト専用グラスは役に立ちませんでした。理由は、遮断するする光は「ブルーライトに限定」されること。紫外線を含む光線はそのまま通過してしまいます。実際に試してみましたが、専用グラスよりも、なんでもないサングラスのほうが目に負担がありません。
「PCから紫外線は出てない」と言ってる私がUVグラスをオススメしているのは矛盾。矛盾ですが、そういう実体験なので困ってしまいます。でも、画面の光を直接目に当てないこと、ドライアイを防ぐことができれば目的達成なのです。ブルーライトの検証をやっているわけではないのですから。UVグラスは、余計な光線を遮断してくれます。安物でもかまわないので、透明に近い普通のUVグラスを探してください。

カラダの悩みや症状

サイドメニュー

  1. Home
  2. ● 頭・顔の症状
  3. 頭痛
  4. 鼻血
  5. めまい
  6. 脳血栓の前触れ
  7. 頭がかゆい
  8. 頭のかさぶた
  9. 毛が抜ける
  10. 髪が抜ける病気
  11. 喉が渇く症状
  12. 喉の違和感
  13. 喉が腫れる
  14. 目のアレルギー
  15. 目の痛み
  16. PC・スマホの害
  17. スマホで失明
  18. スマホで失明
  19. 難聴の原因と対策
  20. 耳が詰まった感じ
  21. あごの痛み
  22. 首が痛い
  23. ● 胸・お腹の症状
  24. 息苦しい
  25. 呼吸が苦しい
  26. 吐き気
  27. 吐き気と頭痛・めまい
  28. 胸の痛み
  29. 吐血と喀血
  30. 腹痛
  31. お腹が張る
  32. 動悸の症状
  33. 背中が痛い
  34. 下腹部の痛み
  35. 腰痛について
  36. 左右横腹が痛い
  37. 胃痛と吐き気
  38. ● 身体全体の症状
  39. あくび
  40. てんかん
  41. だるい
  42. むくみ
  43. 貧血の原因と症状
  44. たちくらみの症状と対策
  45. 痩せる
  46. 体重減少
  47. 糖尿になった
  48. 太り過ぎの病気
  49. 微熱
  50. イライラ
  51. 遺伝する病気
  52. かゆみ
  53. ヒリヒリ痛む
  54. 身体がふるえる
  55. 体がくさい
  56. 尿の色と匂い
  57. 血尿と尿ガン
  58. ● 生活の中で
  59. 疲れ
  60. 眠気
  61. 食欲不振
  62. 背中がかゆい
  63. 筋肉痛
  64. 肩こりは難病か
  65. 関節の痛み
  66. 手足のしびれ
  67. 膝の痛み
  68. 膝立ちでの痛み
  69. 足と膝の痛み
  70. 足の裏の痛み
  71. 足のむくみ
  72. 腰の痛みと対策
  73. 季節の症状
  74. 痛みで眠れないときに
  75. 頻尿を改善したい
  76. 手が腫れる
  77. ガンの見つけ方
  78. 痛いイボ痔対策
  79. ● 小さな命の症状
  80. 子供の頭痛
  81. 子供の髪の毛
  82. 子供のめまい
  83. 子供の足の痛み
  84. 子供の微熱
  85. 子供のノド
  86. 子供の胃腸炎
  87. 子供のおちんちん
  88. 子供の感染症
  89. 赤ちゃんのむくみ
  90. ● 女性特有
  91. 陰部が痛い
  92. 陰部がかゆい
  93. 乳房が痛い
  94. 下腹部が痛い
  95. ●健康へ向けて
  96. 栄養を摂る食べ物
  97. 身体を動かすこと
  98. 健康呼吸法
  99. 病気のダイエット
  100. おいしい食べ物
  101. 玄米酵素の炊き方
  102. 健康対策のアイテム
  103. サプリメントと健康食品
  104. 便秘に悩んだとき
  105. 疲れをとるサプリ
  106. 水分の正しい飲み方
  107. アルコール 健康的な飲み方
  108. 健康寿命とSF
介護 1人暮らし