喉が渇く症状から、病気やその原因を検索

Home > 頭・顔の痛み > 喉が渇く

喉が渇く症状

カラカラになったり、イガイガしたり、喉がひっついたり。
喉が乾いたようにとても渇いて、何でもいいからとにかく水分が恋しくなる事があります。 暑いときや運動をしたときは、必要な水分の絶対量が不足しているので、 当たり前の自然な生体現象として喉が乾いてくるものです。

暑いのでなく運動もしておらず風邪もにてなくまったく思い当たることがないのに、 喉だけが異常に渇いてしまう症状があります。 いつの間にか体内の水分が不足して脱水状態になっているのです。

ここではそんな、喉が渇いたりイガイガしてしまう理由と原因についてお話しします。

■ よくある喉が渇く原因とは

病的に喉が渇く場合は、つぎの2つのことが考えられます。 それは、 「唾液の量が少ない」場合と 「脱水状態」に陥ってる場合です。 どちらとも水分の不足とおもえますが、それぞれについて説明していきます。

・唾液の量が少ない

唾液の量が少なくなって、ときに、口のなかがパサパサしてくるような場合。 口内が乾燥するこのような原因は、薬による影響が大半であるといわれてます。 薬といっても怪しげなドラッグのことでは、もちろんありません。 例えば、街のドラッグストアでも気軽に買えるカゼ薬でも、喉の渇きを促してしまうこともあるのです。

「原因不明の渇き」が気になって病院へ行くなら、 その際せっかくなので、内服している薬を確認してもらうのがいいでしょう。

リウマチなどを患うと、唾液や涙の量が減少することがあります。 そのなかには「シェーグレン症候群」という合併症があります。 自己免疫疾患の一種であり、中年女性に多く難病にも認定されています。 のどが渇く原因が薬であるなら、その薬の服用さえやめれば回復します。 ところがシェーグレン症候群が原因となれば、渇きの回復は難しくなります。 どちらにしても思い込みは禁物なので、かかりつけの医者に診断してもらってください。

唾液には、口の中を殺菌したり、食べ物の消化を助けたりする役目があります。 唾液が少ないと口の中が不潔になりやすくなりますし口臭の原因にもなります。 こまめなウガイや、食後の歯を磨きなど、口腔ケアを心がけてください。

・脱水からのどが渇く

脱水する原因のうちで、よくあるのは、 発熱・利尿薬・糖尿病・腎臓疾患・ストレス型高血圧 などです。 熱が出るのは、誰もが体験しているところです。ある種のストレスで、 喉がカラカラになったこともあるでしょう。症状はそれぞれどういうものでしょうか。

「発熱」
風邪やインフルエンザ、大きな怪我、そのほか何らかの病気が原因で熱がでることがあります。 体温が上昇すれば、それにともなって水分が失われます。喉がからからすぎて吐き気を催すこともあります。 手の届くところに、スポーツドリンクペットボトルなどを置いておき、喉の渇きに応じて、 そのつど補給してください。

「利尿薬」
なにか病気を治療する手段として、利尿薬が処方されることがあります。 とくに腎臓の病気などに利用されることが多いようです。 医者から処方されるので、自分の判断で服用をやめるわけにいきません。 利尿薬は、尿を体外へ排出するのに効果的な治療法ですが、出すぎたことで体調を崩すのは本末転倒。 脱水状態がひどいようならば、病院に相談します。

「糖尿病」
糖尿病の場合では、血糖が高くなっても、のどが渇いてトイレが近くなります。 意識して水分を摂っているはずなのに脱水症状になるんです。 ひどいときは、飲んでも飲んでもスグに乾きます。 その原因は細胞の浸透圧といわれてます。 のどが渇くからといって、ジュースや清涼飲料水ばかり飲んでいると、 さらに血糖が高くなるおそれがあります。糖尿病の人が、渇きを抑えるには、 血糖値を正常にコントロールすることが重要です。

「腎臓疾患」
腎臓の病気として有名なのは「腎不全」です。 腎不全が進行していくと、あるときを境に喉が渇くようになります。 薄い色の尿が、さらに薄くなるのが兆候です。薄い尿を大量に出した結果、 喉が渇いて水分が欲しくなるのです。

「ストレス型高血圧」
人間の体は、血液の濃度を一定に保つしくみがあります。 濃度が高いときは、薄めようとして、体内の水分を使います。 体内の水分が、血液のほうに回されるため、細胞などの水分が足りなくなります。 人は、ずっどストレスを受け続けると、高血圧が慢性化してしまいます。 高血圧とは、血液の濃度が高くなっている状態のこと。体内の水分が不足するので、喉が渇きます。

現代人の嗜好として、好きな飲み物を見ると、つい飲みたくなります。 喉が渇いてなくても違和感がなくても飲んでしまうのです。喉の渇きというのは、 身体の状態や病気を知るための貴重な情報。「好きだから飲む」を繰り返していると、 肝心の情報が得られません。さらには、病気を誘引する可能性さえあります。

自制が大事ですね。お酒もジュースもほどほどにしましょう。

■ ストレスで緊張したときに喉が渇くメカニズム

自律神経の働きには、唾液の分泌をコントロールするという役割もあります。 ちょっとしたストレスであっても、緊張が大きくなることがあります。 緊張が大きくなると、この、唾液の働きがうまくいかなくなることもあるのです。 そういうときには、口がひどく渇いて、味覚異常がおこすこともあります。

脳の中枢神経のバランスが崩れることから、水分は足りているのに、 「足りない」という指示を出してしまうのです。リラックスすれば症状治まります。 こういうときに飲み物を飲むなら、自分の好きな飲み物を口に含んでゆっくりと飲むようにします。 リラックス効果をもたらして、自律神経が落ち着きます。

「ストレス」というと一般には、精神的な圧迫を思い浮かべますが、 ストレスにも種類があって、肉体的ストレスと心理的ストレスに分けられます。

「肉体的ストレス」は、身体が受け取るストレスです。 寒さ・暑さ・湿度などの気候条件、過労、スポーツのしすぎや緊張、睡眠不足などがこれにあたります。 一方の、「精神的なもの」が心理的ストレスです。こちらは、人間関係や仕事・学業などの悩み、 近親者の死、自分の病気、離婚や別居、怒りや興奮などが原因です。

肉体・精神。どちらのストレスとも、体調に影響を及ぼす点では一緒です。 疲れやすい・体がだるい・頭痛などの症状が無けいのに、喉に渇きを覚えるなら、 ストレスによる高血圧や自律神経失調症が疑われます。

■ 薬によっても喉が渇く

病気になると、症状に応じた飲み薬が処方されます。 薬によっては副作用で渇きをもたらす場合もあり、 注意が必要です。例えば下記の病気や症状に対する薬の服用は、 喉の渇きを促進しイガイガのドライマウスに至ることがあります。

風邪薬
不整脈
パーキンソン病
気管支を拡げる薬
過活動膀胱の薬
向精神薬(抗うつ薬や抗不安薬)
抗ヒスタミン薬(アレルギー)
胃薬(胃酸の分泌を抑える)

薬別の対処法
風邪薬:抗コリン作用により唾液の分泌量が減るのが原因。体内水分は変わらない。
不整脈:脈を整える「ピメノール」などは口が渇き副作用がある
パーキンソン病:薬の種類が多く、それぞれ幻覚や妄想といった深刻な副作用がある。
    「抗コリン薬」の使用では喉が渇く
(順次追加します)

乾きがひどいからといっても、カンタンに薬の服用をやめるのは考え物です。 薬は、医師が治療のために処方しているので、 勝手に止めてよいものではありません。薬のおかげで安定しているとも言えます。 副作用がひどい場合は、医師に相談して、別の薬に変えてもらうなどの方法をとってください。 渇きを感じるなら水分摂取でなく「うがい」でも満足できることがあります。

抗コリン作用とは、アセチルコリンがアセチルコリン受容体に結合するのを阻害する作用のことです。胃腸薬などの抗コリン薬の主な作用であり、便秘、口の渇き、胃部不快感等といった神経症状の副作用があります。認知機能の低下の可能性もあります。とくに問題になるのは、緑内障、前立腺肥大症、喘息です。悪化させる可能性があるので、医薬品添付文書でも禁忌や使用上の注意が記載されてます。

風邪薬以外に抗コリン作用を持つ物は、次の薬剤が知られてます。コリン作動性の抗パーキンソン病薬やベンゾジアゼピン、一部の抗精神病薬や抗うつ薬や、また第一世代抗ヒスタミン薬を含有する総合感冒薬、鼻炎薬などなど。本来は必要ではない抗コリン作用が生じないよう、改良を施されている場合も多くなってます。

■ 水分は適正量が大事

水分は、多ければいいというものではありません。 好みの飲み物をむやみに飲んでいると、余分なカフェインや糖分を摂取することにもなりがちです。 「水分が多いな」と自覚しているなら、飲む種類にも注意しましょう。

カフェインや糖分のほかに、「水」そのものが害になることもあります。 水分を取り過ぎてしまうと胃酸が薄くなります。 消化不良などの内臓疾患を引き起こしたり、体が冷えて血行不良になることも考えられるのです。 冷たいものや刺激の強いものは、控えるのが無難です。

いくら水を飲んでも渇きが収まらないなら、飲んでる異常に脱水してる可能性があります。身体は体液濃度を整えるように働くので、水で体液が薄まると適正濃度に達するまで汗が流れやすくなります。このときミネラルも一緒に出てしまいます。再び喉が渇いて水を飲めばさらに体液が薄まります。悪循環で脱水になるので、水を飲むなら塩飴などと一緒に、またはスポーツドリンクを飲むべきです。

■ 女性の渇き

ある程度の年齢に達した女性の場合、のどの渇きは、更年期障害の症状のひとつかもしれません。 何かを飲まないと落ち着かなくなるのです。 生理不順、肩こり、腰痛、動悸、めまい、体のほてりなどの症状に注意して、様子をみてください。 2週間ぐらいをみても症状が続くようなら、婦人科や心療内科などを受診をオススメします。

また、妊娠している最中。とくに後期には、よく喉がかわく傾向があります。

カラダの悩みや症状

サイドメニュー

  1. Home
  2. ● 頭・顔の症状
  3. 頭痛
  4. 顔色が黒い
  5. 鼻血
  6. めまい
  7. 脳血栓の前触れ
  8. 頭がかゆい
  9. 頭のかさぶた
  10. 毛が抜ける
  11. 髪が抜ける病気
  12. 喉が渇く症状
  13. 喉の違和感
  14. 喉が腫れる
  15. 目のアレルギー
  16. 目の痛み
  17. PC・スマホの害
  18. スマホで失明
  19. 難聴の原因と対策
  20. 耳が詰まった感じ
  21. あごの痛み
  22. 首が痛い
  23. ● 胸・お腹の症状
  24. 息苦しい
  25. 呼吸が苦しい
  26. 吐き気
  27. 吐き気と頭痛・めまい
  28. 胸の痛み
  29. 狭心症
  30. 吐血と喀血
  31. 腹痛
  32. お腹が張る
  33. 動悸の症状
  34. 背中が痛い
  35. 下腹部の痛み
  36. 腰痛について
  37. 左右横腹が痛い
  38. 胃痛と吐き気
  39. ● 身体全体の症状
  40. あくび
  41. てんかん
  42. だるい
  43. むくみ
  44. 貧血の原因と症状
  45. たちくらみの症状と対策
  46. 朝おきられない
  47. 痩せる
  48. 体重減少
  49. 太り過ぎの病気
  50. 糖尿になった
  51. 微熱
  52. イライラ
  53. 遺伝する病気
  54. かゆみ
  55. ヒリヒリ痛む
  56. 身体がふるえる
  57. 体がくさい
  58. 尿の色と匂い
  59. 血尿と尿ガン
  60. ● 生活の中で
  61. 疲れ
  62. 眠気
  63. 食欲不振
  64. 背中がかゆい
  65. 筋肉痛
  66. 肩こりは難病か
  67. 関節の痛み
  68. 手足のしびれ
  69. 膝の痛み
  70. 膝立ちでの痛み
  71. 足と膝の痛み
  72. 足の裏の痛み
  73. 足のむくみ
  74. 腰の痛みと対策
  75. 季節の症状
  76. 頻尿を改善したい
  77. 手が腫れる
  78. ガンの見つけ方
  79. 痛いイボ痔対策
  80. ● 小さな命の症状
  81. 子供の頭痛
  82. 子供の髪の毛
  83. 子供のめまい
  84. 子供の足の痛み
  85. 子供の微熱
  86. 子供のノド
  87. 子供の胃腸炎
  88. 子供のおちんちん
  89. 子供の感染症
  90. 赤ちゃんのむくみ
  91. ● 女性特有
  92. 陰部が痛い
  93. 陰部がかゆい
  94. 乳房が痛い
  95. 下腹部が痛い
  96. ●健康へ向けて
  97. 栄養を摂る食べ物
  98. 身体を動かすこと
  99. 健康呼吸法
  100. 病気のダイエット
  101. おいしい食べ物
  102. 玄米酵素の炊き方
  103. 健康対策のアイテム
  104. サプリメントと健康食品
  105. 便秘に悩んだとき
  106. 疲れをとるサプリ
  107. 水分の正しい飲み方
  108. アルコール 健康的な飲み方
  109. 健康寿命とSF
介護 1人暮らし