頭痛症状から病気や原因を調べるためのホームページ

Home > 頭・顔の痛み > 頭痛

頭痛をともなう病気とは

総務省統計局発表の推計によれば、平成26年9月現在の日本の人口は、1億と2704万人だそうです。 2013年4月時点での日本の総人口は1億2734万人だったので、人口の減少傾向がはっきり伺えますね。

こうした人々の15歳以上のうち、しょっちゅう頭が痛くなる、 いわゆる「頭痛もち」の人口は、3000万人以上 に上るとか。 「3人に1人が頭の痛さに悩まされている」となれば立派な国民病。私もあなたもそのうちの一人です。


身近すぎる病気の頭痛

頭痛は、とても身近で誰にでもおこる「頭の痛み」です。 成人になるまで経験したことのない人は、おそらく一人もいないはずです。 ありきたりで珍しくない症状だけに、「頭痛くらい」と軽く考えられがちですが、 症状がひどくなれば、生活に支障をきたします。 そればかりか、頭痛の背後には、命にかかわる病気が隠れていることもあるのです。

ひとくくりに「頭痛」と言ってますが、頭が痛い原因はさまざま。 また、今回の症状が、いつもの痛みと似通っていたとしても、 「いつもの頭痛」とは異なったことが原因となっているかもしれません。 原因が異なれば、予防法や対処法が異なるのは当然ですよね。 対処を取り違えたりすれば、痛みが悪化したり、逆効果にもなりかねません。

頭痛の裏には、大きな病が隠れていることもありますが、以下はその代表格というものです。

 くも膜下出血
 脳梗塞
 季節の変わり目
 食生活が原因の頭痛
 緊張やストレス
 複合型頭痛への対処

ほかにも、突然の激しい頭痛は「症候性頭痛」と呼ばれ、重病につながる恐れもあります。 (このページでは、そこまで取り上げません) 急激な痛みが走ったときは、ネットで調べてる時間があるなら、それより先に病院へ駆け込んでください。

よく言われる頭痛に、「片頭痛」と「緊張型頭痛」があります。 ズキズキ傷むのが「片頭痛」、締め付けられるのが「緊張型頭痛」です。 それぞれの原因と症状をみていきましょう。

偏頭痛

脳の血管が拡がって痛むのが「偏頭痛」。脈打つような痛みとともに、吐き気もともないます。

○ 原因
「偏頭痛」とは、何らかの理由で脳の血管が急激に拡張して起きるタイプの頭痛。 脳の血管が拡張することで、周囲の三叉(さんさ)神経を刺激し、 刺激で発生する炎症物質がさらに血管を拡張して「偏頭痛」にいたるのです。

「偏頭痛」の主な原因は、ストレスからの開放だと言われてます。 心身のストレスから解放されるた人間の体内では、血管が急に拡張することがあります。 休みの日に、なんとなく頭がズキズキすることはないでしょうか。 あれもストレスから開放された影響の一種です。 仕事のない週末などに起こりやすいのも、特徴のひとつといえます。

そのほかにも、寝過ぎ、寝不足、女性ホルモンの変動、空腹、疲労、光など。 また、音からの強い刺激なども、偏頭痛の誘因とされています。

○ 症状
「偏頭痛」は、発作性の頭痛です。ひどいときには、日常生活に支障が出ることも。 こめかみから目のあたりが、ズキンズキンと心臓の拍動に合わせるように痛むのです。 左右どちらかの片側だけが痛いということが多いですが、両側が痛むこともあります。 起こる直前に、肩こりが出ることもあります。

体を動かして頭の位置を変えたりすると、痛みがもっとひどくなります。 頭痛以外にも、吐き気や嘔吐、下痢などの症状があります。 光や音、におい、気圧や温度の変化、こうしたことに敏感になるという特徴もあります。

また、痛んだり治まったりを繰り返すのも「偏頭痛」の特徴です。 1ヶ月に1〜2度、多い人なら1週間に1回、頭痛がやってきます。 周期的に繰り返すところが厄介ですね。一度始まると、2〜3日間は続きます。

頭の位置を変えて痛みが強くなるのは偏頭痛の特徴ですが、目を動かして痛い場合はどうでしょうか。 正面を見てる時は痛くいのに、左右や上をみるのに目を動かすと頭に響く感じがするとき。 痛みを感じるのは頭なのですが、原因は目の方にあるかもしれません。 疑われるのは眼精疲労など。眼科で診てもらいましょう

緊張型頭痛

頭の全部が締め付けられるように痛むのが「緊張型頭痛」です。 頭部の周囲にある筋肉が緊張することによって、痛みを起こしてます。

○ 原因
「緊張型頭痛」は、頭の横の筋肉や、肩や首の筋肉が緊張することで起きます。 筋肉が緊張して、血流が悪くなることが頭痛に繋がるのです。 血流の悪さが解消されないと、筋肉内に老廃物もたまるようになります。 その周囲の神経が刺激されて起きるのが「緊張型頭痛」です。

「緊張型頭痛」を引き起こす原因は、精神的や身体的なストレスです。 現代では、「動かないことによる緊張」が原因というケースも増えてます。 コンピューター操作などでは、長時間座ったままの姿勢でいます。
身体を動かさないと、血流が悪くなるので、とくに「緊張型頭痛」を起こしやすくなります。 筋肉の緊張のほか、うつ病など心の病気が原因となることもあります。 また「片頭痛」をあわせ持つ人も珍しくなりません。

○ 症状
「緊張型頭痛」は、午後から夕方にかけて起こります。 頭の痛みのほか、一緒に、目の疲れや倦怠感なども表れやすくなります。 後頭部から首筋を中心にして、頭全体がギューッとしめつけられるように痛みます。 吐き気や嘔吐の症状はありません。

たいていは数時間で治まります。 しかし時には、頭痛が数ヶ月以上も続き、慢性化するケースもあるようです。

頭痛と味覚障害の関係
化学調味量や、幼少に偏った食事ばかりを食べた結果、味覚障害になることがあります。 味覚障害が頭痛を招いたり、その逆ということは有りえませんが、頭痛のほかにも症状もあるようなら、 何らかの病気が疑われます。ストレスが原因で味覚障害になることもあるようです。
ちなみに「化学物質過敏症」は、味覚障害どころか、ノド・呼吸・目・筋肉など、体中にあらゆる障害を もたらします。

それ以外の頭痛

緊急度の高い「くも膜下出血」「脳梗塞」や、一般的によくおこる偏頭痛意外にも頭痛の種類はあります。

季節の変わり目

春夏秋冬。季節の変わり目に、頭痛がひどくなるのはそれほど珍しいケースではありません。季節が変われば気温や空気が変わるので、体調に変化がでるのです。季節の変化による頭痛で、最も多く症状が出る季節は春で、次に秋が続くそうです。

春も秋も、過ごしやすい気候だと思うのですが、そんな季節に頭痛に悩まされる原因はどこにあるのでしょうか。理由は諸説ありますが、気温と気圧との関係がもっとも影響があるようです。

気圧が不安定
天気がコロコロと変わりやすい季節だけに、気圧も数日〜数時間単位で高くなったり、低くなったりを繰り返します。気圧の変化を受けて、血管が膨張・収縮をくりかえすので、血管を通る血液の量も不安定になります。そうして頭痛が引き起こされているという説です。

気温の上下が激しい
天気の変化が激しいので、雨などによる体感温度も激しく変化します。 その体感気温の変化に人の血管が追いつかず、頭痛になってしまっているケースもあります。 とくに頭部は、外気にさらされている部分。帽子そ被れば、気温の変化にある程度対応できますが、完璧ではなく、頭痛の原因になるのです。

カラダの悩みや症状

サイドメニュー

  1. Home
  2. ● 頭・顔の症状
  3. 頭痛
  4. 顔色が黒い
  5. 鼻血
  6. めまい
  7. 脳血栓の前触れ
  8. 頭がかゆい
  9. 頭のかさぶた
  10. 毛が抜ける
  11. 髪が抜ける病気
  12. 喉が渇く症状
  13. 喉の違和感
  14. 喉が腫れる
  15. 目のアレルギー
  16. 目の痛み
  17. PC・スマホの害
  18. スマホで失明
  19. 難聴の原因と対策
  20. 耳が詰まった感じ
  21. あごの痛み
  22. 首が痛い
  23. ● 胸・お腹の症状
  24. 息苦しい
  25. 呼吸が苦しい
  26. 吐き気
  27. 吐き気と頭痛・めまい
  28. 胸の痛み
  29. 吐血と喀血
  30. 腹痛
  31. お腹が張る
  32. 動悸の症状
  33. 背中が痛い
  34. 下腹部の痛み
  35. 腰痛について
  36. 左右横腹が痛い
  37. 胃痛と吐き気
  38. ● 身体全体の症状
  39. あくび
  40. てんかん
  41. だるい
  42. むくみ
  43. 貧血の原因と症状
  44. たちくらみの症状と対策
  45. 朝おきられない
  46. 痩せる
  47. 体重減少
  48. 太り過ぎの病気
  49. 糖尿になった
  50. 微熱
  51. イライラ
  52. 遺伝する病気
  53. かゆみ
  54. ヒリヒリ痛む
  55. 身体がふるえる
  56. 体がくさい
  57. 尿の色と匂い
  58. 血尿と尿ガン
  59. ● 生活の中で
  60. 疲れ
  61. 眠気
  62. 食欲不振
  63. 背中がかゆい
  64. 筋肉痛
  65. 肩こりは難病か
  66. 関節の痛み
  67. 手足のしびれ
  68. 膝の痛み
  69. 膝立ちでの痛み
  70. 足と膝の痛み
  71. 足の裏の痛み
  72. 足のむくみ
  73. 腰の痛みと対策
  74. 季節の症状
  75. 痛みで眠れないときに
  76. 頻尿を改善したい
  77. 手が腫れる
  78. ガンの見つけ方
  79. 痛いイボ痔対策
  80. ● 小さな命の症状
  81. 子供の頭痛
  82. 子供の髪の毛
  83. 子供のめまい
  84. 子供の足の痛み
  85. 子供の微熱
  86. 子供のノド
  87. 子供の胃腸炎
  88. 子供のおちんちん
  89. 子供の感染症
  90. 赤ちゃんのむくみ
  91. ● 女性特有
  92. 陰部が痛い
  93. 陰部がかゆい
  94. 乳房が痛い
  95. 下腹部が痛い
  96. ●健康へ向けて
  97. 栄養を摂る食べ物
  98. 身体を動かすこと
  99. 健康呼吸法
  100. 病気のダイエット
  101. おいしい食べ物
  102. 玄米酵素の炊き方
  103. 健康対策のアイテム
  104. サプリメントと健康食品
  105. 便秘に悩んだとき
  106. 疲れをとるサプリ
  107. 水分の正しい飲み方
  108. アルコール 健康的な飲み方
  109. 健康寿命とSF
介護 1人暮らし